北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

心を掴んだのは、居心地の良さ。

2018.05.20 (日)

 

初めて降り立った長野県松本市。

とても居心地が良く
気に入ってしまいました。

機会があったら再び行きたい(^.^)

で、そう思った理由を披露しますと

居心地が良かったから。

ずばりこれだけ。

食べ物も、お酒も美味かったですが
「もう一度」「絶対に」は特になし。

国宝の松本城を筆頭に
名所旧跡も良かったですが

もう一回、
天守閣に登れと言われたら
正直「しんどい(汗)」、、、、、

居心地の良さは

土曜日の夜に食事した
居酒屋から、松本を去るまでずっと感じていた。

よそ者である我々を
地元の皆さんやお店の方が特別扱いしない。

好奇の視線を感じることもなく
名物を「これでもか!」と
ぐいぐい勧められるでもなく

かと言って、無視されたり
よそよそしく、慇懃無礼でもなく。

年間500万人を超える
観光客が訪れるとのことで場慣れしてるのかな?

何て、単純に考えましたが
同様、いやそれ以上の集客力を
誇る地域、アチコチ行ってますが

むしろ、マイナスの感情が
残ったところが、、、、、

とまあ、あれこれと
好き放題、書きましたが(爆)

私も魅力の真相を
解明しきれてませんが

言えることは
ハードや物質的価値が
決定打にはなっていないこと。

そう考えれば
ハードがないからとか

どこそこに比べて
劣っているとかは
いい訳に過ぎないのかなと。

お客さまに
「居心地イイね」
「感じイイね」と

言っていただける源泉を
皆さんも他所の事例を
積極的に体感してみて

自社や地域に活かせるモノを
見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク