北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

大谷翔平選手の二刀流と、 WBCの世界一奪還を実現に導いた「チカラ」とは?

2024.05.17 (金)

 

シリアルアントレプレナーとして
2社目の創業をしたMさん。

ご縁があって
垰本泰隆も発起人の一人となり
取締役に就任し、
昨日は株主総会に参加しました。

一社経営するだけでも大変なのに
それをものともせず
二社目をゼロから立ち上げ
困難にも明るく立ち向かう
Mさんを心からリスペクト♪

そして、そういった
起業家や経営者の
姿を間近に見ていると思い出すのが、

≪「できるか、できないか」から考えない≫

という言葉。

この言葉を発したのは
WBCで侍ジャパンを
世界一に導いた、栗山英樹さん。

そして、
上記をはじめとした
珠玉の言葉が盛りだくさんなのが
栗山英樹さんの著作

『信じ切る力』
~生き方で運を
コントロールする50の心がけ~
です。

信じ切る力 生き方で運をコントロールする50の心がけ

本書をひとことで言えば
ヒトの上に立つリーダーや
経営者に向けての自己啓発書。

日本を代表する
世界的名将となった著者の
今の姿しかご存じない方は
想像がつかないかもしれないが

著者はテストとして
ヤクルトスワローズに入団。

入団後は、原因不明の
メニエール病と格闘しながら
一軍まで這い上がったが、
29歳で現役を引退。

その後は
キャスターに転身するも
不慣れな現場で
厳しい言葉を浴びながらも

腐らずにキャリアを築き上げ、
誰もが一流と認めるリーダーになった。

そんな歩みや秘密が
著者の飾り気のない
まっすぐで正直な言葉で
紡がれています。

『信じ切る力』

信じ切る力 生き方で運をコントロールする50の心がけ

===ここから目次===

はじめに
第1章 信じ切るということ
第2章 ダメな自分をどう信じるか
第3章 すべてのことに、意味がある
第4章 「信じ切る力」を育てる日常のルーティン
第5章 相手を、信じ切る
第6章 神様に生き様を認めてもらう
おわりに

===目次ここまで===

働き方改革や
●●ハラスメントなど

組織を率いる経営者や
リーダーを取り巻く環境は
厳しさを増すばかりで、

皆さんも
思い悩んでいると思います。

そんな皆さんに
リーダーとして
腹を括るための
心構えを示し、

みずからも悩み苦しんだ
いわば同志として寄り添い

厳しくも暖かい言葉で
勇気をくれる良書、

『信じ切る力』

信じ切る力 生き方で運をコントロールする50の心がけ

週末の読書のお供に
いかがでしょうか♪

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 6月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 2024年6月 (9)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)