北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

場所と時で変わる「アタリマエ」。

2018.01.22 (月)

 

事前に天気予報やニュースで
情報はもたらされておりましたが

今日の関東地方の大雪
短時間でかなり、積もりましたね。

夕方あたりからは
交通機関・道路の混乱や
車の立ち往生など

夜のテレビニュースでも
トップニュースで繰り返し

かなり長い時間
報道してましたし。

でもこれらの全国ニュース
北海道を始めとする

冬場の積雪が
恒常的な地域の皆さんは
「?」だったかもしれません。

私も北海道にいる時であれば
まず、気に留めませんし

失礼ながら、あの程度の雪で

「外出しない」

「リスケする」

という思考や
判断にはならないなと。

同じ「雪」という気象現象、自然現象なのに

時と場所が変わるだけで

同じ人間でも違う思考や

判断をしちゃうんですね。

この

「とらえ方」の違いというか

北海道の「アタリマエ」は

東京やその他の地域では

「アタリマエ」ではない。

「逆もまた真なり」ですが。

そう考えれば

自社の、地域の「アタリマエ」。

他の地域や場所で、

時を変えた視点で

見つめ直す目

を持ってみる。

そして、気付きを得たら
先ず以って行動して

伝わる発信を継続していく。

雪も厄介者の一言で
片づけないで見つめ直すと
発想の転換が生まれるかもです。

「自社」の「地域」の
 
「アタリマエ」を

「見つめ直して」

「発信する」

「チカラ」を身につけませんか?

スポンサードリンク