北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

決算短信(に限らずですが)は「何も考えずに書ける」ところから手をつけよう♪

2024.02.09 (金)

 

では、お約束どおり
きのうの続き↓
https://x.gd/w53DL

「なぜ、はじめて
決算短信を書く方の多くは
フリーズして筆が進まないのか?」

「そのフリーズ状況から脱却して
筆を進めるにはどうすればよいのか?」

について、
垰本泰隆が現場でアドバイスし
実践していることは、

「書けるところから書く」

ずばりコレだけです(爆)

え?それだけ?

という声が
このあと寄せられそうですが(笑)
マジでそれが一番なんですよ♪

決算短信を書くのは
管理部門系の方ですが、
みなさん生真面目です。

なのでつい、
冒頭から順番に
書こうとするのです。

具体的には
きのう紹介した
事例にあるように
https://x.gd/KSI3I

「当事業年度における
わが国経済は・・・」

「そのような中で
当社は・・・・」

という部分で
多くの方が筆が止まる。

なぜなら
マクロ経済と自社の状況を
端的にわかりやすく
表現する必要があるので、

それなりに思考しないと
書けないわけです。

慣れていないと
そこで悶々と悩み
時間だけが過ぎていき
焦燥感にかられ、

生真面目であるがゆえに
自己肯定感が下がっていく。

なのでね、
まずは入力するだけの
(少々語弊がありますがm(__)m)

決算数値を書いちゃうんです。

するとね、
白紙だったひな形が
徐々に埋まっていき

「あ、いけるかも!」

てな感じで
気持ちが前向きになり
自己肯定感も上がっていく。

で、これって
何かに似ていると思いません?

私も含めた中高年には
遠い過去の記憶だがw
受験のときの心構えと
いわば一緒なわけです。

そして最後に
付け加えると
最初から完璧を
目指さなくてもOKなのが、

一発勝負の受験とは
違うところですかね(^.^)

「書けるところから書く」

決算短信に限らず
書き物仕事の鉄則だと
私は思うのであります。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 2月     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • 2024年2月 (20)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)