北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

16人がZ世代の行動原理の謎を解いた、実にショッキングな内容。

2024.01.20 (土)

 

ここ数年で
Z世代の起業家と話すことが増え

ときに戸惑いを感じたり
お世辞抜きで感嘆しつつも

ジェネレーションギャップを
感じている垰本泰隆です(笑)

私たちもかつては諸先輩方に

「お前らワケわからん!」

なんて言われてましたから
いつの世も同じだなあw

なんてことを思いつつ
読んでみたのが

『「今どきの若者」のリアル』

「今どきの若者」のリアル (PHP新書)

編者は、
パラサイトシングル、
格差社会、婚活という

今やだれもが知るワードを世に広めた
中央大学教授の山田昌弘さん。

編者をはじめ16名の有識者が
Z世代の行動原理解明に挑んでいる

私を含めたオジサンをはじめ
Z世代とのつきあい方に
戸惑っている皆さんは
必読の一冊だと思います。

本書を手に取った段階では
付き合い方を指南する
ライトなマニュアル本かな?

程度の認識でしたが、

読み終えた今、私の感想は
実にショッキングなものだった。

一部を抜粋して紹介すると、

===ここから===

2004年を分岐点にして
始まった日本の貧困は、
ずっと見えないところで
国民を蝕んできたが、

Z世代の登場によって
強盗、街娼と見える事象として
社会に現れるようになった。

世代格差が限界を超え、
持つ者から奪うという局面に
突入しているのだ

(第十三章の著者 中村淳彦氏)

===ここまで===

というように
本書は単にZ世代の
行動原理を分析するだけはなく

その背景にある日本の
諸問題にも鋭く切り込んでおり
深く考えさせられる一冊だった。

『「今どきの若者」のリアル』

「今どきの若者」のリアル (PHP新書)

===ここから目次(敬称略)===

第一章
Z世代はなぜ「イミ(意味)消費」に向かうのか?牛窪恵
第二章
世代間対立に潜む「正義の独善」 萱野稔人
第三章
マッチングアプリと恋愛コスパ主義 山田昌弘
第四章
「みなまで言うな」は通じない 山口航
第五章
認められたいけど目立ちたくはない
複雑な承認欲求の謎 金間大介
第六章
「無敵の人」を生まないためにできること 阿部真大
第七章
政府公表「自殺者減少」は真実か 末木新
第八章
差別と偏見に苦しむヤングケアラー 濱島淑恵
第九章
若手社員が辞めない職場とは 古屋星斗
第十章
「若者の本離れ」というウソ 飯田一史
第十一章
「言葉の転換期」で格闘する若者たち ひきたよしあき
第十二章
韓国人男性に惹かれる日本人女性 安宿緑
第十三章
カラダを売らざるをえないZ世代 中村淳彦
第十四章
「推し」が出るならテレビを観る 道満綾香
第十五章
『古見さんは、コミュ症です。』に見る、
イベント化した日常世界 谷川嘉浩
第十六章
地域間格差と若者の希望 轡田竜蔵

===目次ここまで===

まえがきにあった編者の言葉

「今若者が置かれている状況は、
中高年世代が作り出したものである。

若者に何か問題があったとしても、
反省すべきは、私を含んだ
中高年であることを
肝に銘じなければならない。」

実にぐさりと刺さった言葉でした。

これを先ずは踏まえた上で

どうZ世代と関わればいいのか?

どうやってZ世代と
ビジネスをすればいいのか?

などについて
ヒントが見える一冊、

『「今どきの若者」のリアル』

「今どきの若者」のリアル (PHP新書)

是非、読んでみてください。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 2月     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • 2024年2月 (26)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)