北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

「何も起きませんように」と祈るより、「何が起きても大丈夫」なメンタルを築こう♪

2023.12.24 (日)

 

昨日、富山から福岡へ移動した際も
トラブルが発生しましたが

まあ、なんとかなるもんです(笑)

なーんて言っているけど
トラブルに直面するたびに

「どうしよう。大丈夫かなあ。」

と、内心では思っているんです(爆)

でも、人生には逆境がつきもの。
(って、大袈裟かw)

とはいえ
逆境に直面するたびに
ストレスフルMAX状態が続いては
メンタルが持ちませんよねえ。

というわけで今日は、

『「なんとかなる」と思えるレッスン』

「なんとかなる」と思えるレッスン 首尾一貫感覚で心に余裕をつくる

を紹介します。

著者は、
ストレスマネジメントの専門家として
数多くの企業や中央官庁、自治体などの
メンタルヘルス対策や研修に携わっている
舟木彩乃さん。

著者いわく
「なんとかなる」感覚を構成する、
3つの感覚とは、

1.把握可能感(だいたいわかった)
2.処理可能感(なんとかなる)
3.有意味感(どんなことにも意味がある)

とのこと。

これら3つの感覚を
どうやって伸ばせばいいか、
具体的なアドバイスを
本書では丁寧に説明しています。

『「なんとかなる」と思えるレッスン』

「なんとかなる」と思えるレッスン 首尾一貫感覚で心に余裕をつくる

===ここから目次===

はじめに
第1章 ストレスにつぶされないために
第2章 だいたいわかった 把握可能感を高めるレッスン
第3章 なんとかなる 処理可能感を高めるレッスン
第4章 どんなことにも意味がある 有意味感を高めるレッスン
おわりに

===目次ここまで===

本書はどちらかというと

パワハラ上司や
ブラックな職場に
悩んでいる方々に向けて
書かれているように感じたが、

社員の定着率に悩む
上司や経営者の方も
この枠組みを知ることで

「気合と根性が足らん!」

から脱却し、実効性ある
社員のストレスマネジメントが
できるようになると思います。

『「なんとかなる」と思えるレッスン』

「なんとかなる」と思えるレッスン 首尾一貫感覚で心に余裕をつくる

「何も起きませんように」

という、
いわば神頼みから脱却し、

「何が起きても大丈夫だ!」

というメンタルを
築きたい方は、読んでみてください。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 2月     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • 2024年2月 (23)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)