北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

北海道は沖縄に、観光で惨敗している。んなわけないだろ!いや、それが不都合な真実です。

2023.12.09 (土)

 

「北海道は沖縄に惨敗している」

北海道で生まれ育った後、
仕事で全国を飛び回った講師が
下記の講演で明言していた。
https://x.gd/b48a8

しかも
惨敗しているのは
なんと観光の分野。

え?北海道といえば
日本を代表する観光地の一つで

様々なアンケートでも
人気度で上位の常連じゃない!

んなわけはないでしょ!

と思われる方が
きっと多いと思います。

口外できる内容に
制限があるため
詳細は書けず申し訳ないが

講師からその詳細を聞き
様々なデータを見て
垰本泰隆は大いに得心した。

加えて、
最近はご無沙汰ですが
一時期は年に四回ほど
仕事で沖縄に行っていた
私の現場感覚とも
講師のもたらした情報は
一致していた。

こういったことを
詳しくお知りになりたい方は
下記に参加いただければ
https://x.gd/4yPWZ

深い示唆を得られますよ♪

という宣伝はさておきw
あらためて思いましたねえ。

自社の、地域の
本当の問題点に気づくには

自社を、地域を
外から見つめなおすことが
一番の早道だということを。

また嫌われることを
書いちゃうけれどw

外の目を入れることなく
内輪だけで凝り固まっていると
だいたいロクなことがない(爆)

往々にして
内輪の論理が幅をきかせ

人がいない、金がないに始まり
出来ない理由を並べ立て
傷をなめ合って話が終わる。

そしてこのような状況は
若い人々や有能な人材が
愛想をつかし

会社や地域を去ってしまう
大きな要因だと私は感じています。

現下の日本は
戦後最大の人手不足だと
講師がコメントしていたが

人材の争奪戦は一過性の問題ではなく
これからも続いていくことでしょう。

が、愛想をつかされたら
そもそもその争奪戦にすら
エントリーできませんのでね。

そうなる前に
自社を、地域を
ぜひ、外から見つめ直して
みてくださいませ。

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (11)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)