北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

知らないことは怖いこと。その結果、大損して後の祭りなんてことも。

2023.10.06 (金)

 

「社会構造の変化で
不動産も変化する。」

下記の話を聞いて
https://onl.tw/gMyMHQP

印象に残った言葉の一つです。

いただいた資料が
開示厳禁なので
皆さんに共有できず
残念ですが。。。

うちは不動産業じゃないから
別に関係ないし、興味もないよ!

と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。

が、不動産は
衣食住の「住」ですから
誰一人として無縁ではない。

ので、最低限の知識は
持っておいて損はないと
私は思います。

というよりも
最低限の知識がなければ

賢い奴らに
いいようにされてしまい

振り返れば大損こいて後の祭り。。。

なんてことも
往々にしてあると思うのです。

たとえば
ストライキで話題となった

セブン&アイが
そごう西武を
外資系投資ファンドに売却した話。

私はM&Aの仕事もしていて
興味があったので調べて
その取引の詳細を知っていましたが
(あ、インサイダーとかじゃなくて
公表されている情報を
丹念に読み込めば分かりますよ)

「ああ、売主の
セブン&アイは大損だわ・・・」

なんて思ったわけです。

どういうことか?

かいつまんで書くと

外資系投資ファンドは
買収に使った代金を
そごう西武が所有していた
不動産を売却することで

あっという間に回収した上に
数百億円にのぼる利益を
そごう西武を所有したまま得たのです。

これって逆に言えば
セブン&アイは
それだけの利益を得る機会を

不動産のことを
知らなかったがゆえに
みすみす失ったともいえる。。。

講師はこれを

「知らないことは怖いこと」

と仰いましたが

私流に言い換えれば

「知らないことは大損なり」

となるわけです。

自分(自社)が生きる
業界や地域だけにしか
興味関心を抱かずだと

大損したことにすら気づかない。

「そんな大損をするのは嫌だ!」

と思われる方は是非!

来月開催される
公開ゼミに
ご参加くださいませ♪
(詳細とお申し込みは下記より)
https://onl.tw/vPdUJT6

私も会場で
お待ちしております♪

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (11)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)