北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

メディアを賢く消費する「情報リテラシー」を身につけることができる一冊。

2023.04.01 (土)

 

今日、4月1日は
エイプリルフール。

SNSで知人友人の
ユーモアに富んだ投稿を
楽しんでおります(^.^)

今日のような微笑ましい
フェイクなら歓迎だが

世の中には
悪意に満ち
人を不幸にする
フェイクがある。

言われて久しい
情報があふれかえる現代。

デジタルデトックスや
スマホ断ちいった
対応をされている方も
いるでしょうが

永遠に遮断する訳にはいかない。

ので、現代の私たちは
否応なくあふれかえる情報を
取捨選択する力を
身につける必要があると思う。

というわけで
垰本泰隆が読んでみたのが

『メディアを賢く消費する
「情報リテラシー」
情報洪水時代の歩き方』↓

著者は日本テレビ
「news every.」
前統括プロデューサーの大野伸さん。

情報のプロである著者が
フェイクニュース時代の
情報リテラシーについて
くわしく書いている一冊です。

著者は早稲田塾で
講師として教えていることもあり
(著作に事例紹介あり)

プロしかわからないような
むずかしい表現などはなく
高校生以上の方なら
無理なく読めると思います。

実に学び多い一冊と
垰本泰隆は感じたが

なかでも2つ
気になった箇所を
下記に紹介します。

=====ここから=====

ネット検索のみで
情報を取得している点の危うさ

1.出典となる媒体名を
意識せずに読んでしまう人がいる

2.自分の関心のある
記事しか検索をしなくなる

3.見出しのインパクトに影響されやすい

フェイクニュースを見破る
「E.S.C.A.P.E.」
(かつてワシントンD.C.にあった
「NEWSEUM」で挙げられていた合言葉)

E:EVIDENCE 証拠
S:SOURCE 情報源
C:CONTEXT 文脈
A:AUDIENCE 読者
P:PURPOSE 目的
E:EXECUTION 完成度

=====ここまで=====

私も思い当たり
ドキッとしたが
皆さんも日々の情報収集で
思い当たることが
あるのではないでしょうか?

『メディアを賢く消費する
「情報リテラシー」
情報洪水時代の歩き方』↓

◆目次◆

1章 情報洪水時代を生きる私たち
2章 情報洪水時代を生きるメディア
3章 フェイクニュースとの戦い
4章 情報リテラシーを高める
5章 情報を活用し豊かに生きるために

そして本書は
たんなるノウハウ本ではなく、
情報の本来的な意義を学べる
教養書でもあると思います。

『メディアを賢く消費する
「情報リテラシー」
情報洪水時代の歩き方』↓

フェイクやネット詐欺に
騙されたくない方は
必読の一冊です。

__________________

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2023年 12月     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 2023年12月 (5)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)