北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

職場で使える人間関係の極意と、仕事力をアップさせる時代を読む力。

2023.02.05 (日)

 

みずからの
衝撃的な体験を

淡々と、ときに
客観視したような文体で
描いた『国家の罠』。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―(新潮文庫)

18年前に上記を読んで以来
著者の佐藤優さんの
ファンになった垰本泰隆。

近著

『君たちの生存戦略
人間関係の極意と時代を読む力』

君たちの生存戦略


を、読了。

まえがきは著者らしく
ウクライナ問題についての
見立てから始まっているが

昨年著者は
持病が悪化したこともあり

前の世代から
引き継いだバトンを

次の若い世代に
引き継ぎたいと
強く思うようになった。

その中身は
著者の稀有な
人間関係から得た
貴重なノウハウ。

以下の目次を
見ていただければ

ありとあらゆる
ビジネスパーソンが
対象になると
垰本泰隆は考える。

◆目次◆

第一部 明日から職場で使える
人間関係の極意

第一章 人脈づくり

第二章 スキルアップ

第三章 管理職になったら

第二部 仕事力をアップさせる
「時代を読む力」

第一章 時代を読むための洞察力

第二章 歴史の転換点

第三章 社会の危機と未来の破局

第四章 危機を乗り越えるための
考え方

第二部の目次を見ると
なんだか小難しそうだという
印象を抱くかもしれない。

が、
国際情勢だけでなく
いまの世俗にも通じる
幅広い視点を

著者一流の洒脱さで
表現されている。

例えば

第二部の第一章
時代を読むための洞察力
の中にあった

俳優の小芝風花さんの
目的論という箇所は

へえー!
そんな見方ができるのか!

なんて感想を
垰本泰隆はいだいた。

『君たちの生存戦略
人間関係の極意と時代を読む力』

君たちの生存戦略

VUCAの時代!
先の読めない時代!

なんて言葉が
飛び交う世の中で
色んな人が色んなことを言っている。

そんな中で
徹底したリアリストかつ
知の巨人である著者の視点や
本質的なアドバイスは

みずからのチカラで
生き残る羅針盤になると思う。

『君たちの生存戦略
人間関係の極意と時代を読む力』

君たちの生存戦略

ビジネスパーソンの皆さん
ぜひ、読んでみてください。

__________________

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (11)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)