北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

若い人向け?いえ、すべてのビジネスパーソンに役立つ、一生使える仕事術。

2022.06.05 (日)

 

ひさびさに教科書を読んだ。

あ、国語とか数学の
教科書じゃなくてw

「仕事の教科書」を↓

仕事の教科書 きびしい世界を生き抜く自分のつくりかた


著者は
ベストセラーとなった

「転職の思考法」↓

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法


「天才を殺す凡人」↓

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ (日本経済新聞出版)


を生み出した
北野唯我(きたの・ゆいが)さん。

北野さんは
職業作家ではなく
東証グロースに上場する
(株)ワンキャリアの取締役。

という
現役バリバリの
ビジネスパーソンである北野さんが

若きビジネスパーソンに
厳しいビジネスの世界を
生き抜いていくために

下記の構成からなる仕事術を
優しく語りかけるように
わかりやすく自らのノウハウを
あますところなく披露しています。

1,「仕事が遅い人」と
呼ばれないためのスピードアップ術

2,「わかりづらい」から
脱却するための文書化術

3,相手から「Yes」を
引き出すための提案術

4,健康と成長を
両立させるためのセルフコントロール術

先に若い方に向けてと書いたが
上記の構成は若い方に限ったことじゃなく

あらゆるビジネスパーソンに
役立つ内容に感じませんか?

ので、アラフィフな私もw

「仕事の教科書」を↓

仕事の教科書 きびしい世界を生き抜く自分のつくりかた


手に取って読んだというわけ。

私が特に印象に残り
あらためての気づきを
たくさん貰ったのが

2,「わかりづらい」から
脱却するための文書化術

でした(^.^)

そして最も印象深かった一文を
著作より下記、引用します。

=====ここから=====

ビジネスのすばらしさは
最初は「だれもが素人」なところです。

たとえば、卓抜した運動神経や
天性の歌声など
生まれながらの才能によって
優秀さが決まってしまう世界もある。

でも、ビジネスの世界は違います。

生まれながらに
「仕事のできる人」は、1人もいない。

だからこそ、
努力する喜びがある。希望がある。

=====ここまで=====

若い人のみならず
全てのビジネスパーソンへ
厳しくも温かなメッセージあふれる

「仕事の教科書」↓

仕事の教科書 きびしい世界を生き抜く自分のつくりかた


ぜひ、手に取ってみて下さい。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (11)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)