北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

小さくできて本当に良かった。本音をいえば、新型●●●様様だよ。

2022.03.19 (土)

 

昨晩は家族ぐるみで
親しくお付き合いしていた方の
お通夜に参列。

斎場が5年前に他界した
父と同じだったので

色々と思い出しつつ
待ち時間などに
周囲を観察してました。

ま、あくまで私が
見聞きした範囲ですけど

あいさつ代わり

出ていた言葉が「時節柄」。

時節柄、精進落としは控えております。

時節柄、遠方からの参列はご遠慮します。

などなど。

みなさんお気づきのとおり

「時節柄=新型コロナ」です。

結果、どこもかしこも
葬儀の規模が縮小している。

より具体的にいえば

※精進落としがなくなる

「ビールやオードブルの売り上げが減る」
「配膳や片づけをする人の仕事も減る」

※参列者が減る

「葬儀に必要なスペースが減る=賃料減」
「志(返礼品)の売上が減る」
「交通費や宿泊費の需要(売上)減少」

ざっとあげても
これだけの影響があり
他にも影響が
あるんだろうと思う。

ネタ的に不謹慎だと
いわれるかもしれないが

葬儀関係ビジネスで
生計をたてている方や
関連産業からすれば
それこそ死活的な話。

ま、来週で
2か月にわたった
まん防も全面解除なので

徐々に戻る「面」は
あるとは思うものの

トイレで
ぐうぜん聞いちゃったw
ひそひそ話が・・・・・

「新型コロナがなければ
世間体やしきたりに縛られ
しぶしぶ高い金を払わされてたよ」

「家族や親しい人だけで
小さくできてホントによかった」

「言っちゃ悪いが
新型コロナさまさまだわ」

どうでしょう?

これを不謹慎だと
一刀両断するのは簡単だが

皆さんも
新型コロナをきっかけに
思わぬ棚卸と整理ができちゃった!

なんてこと、ありませんか?

私?
もちろんありますよ(^.^)
さすがにここでは言わないけどw

なんて話はさておき
冠婚葬祭にかぎらず
ビジネスをおこなう我々は

自分(自社)が
今までのお客様から
棚卸と整理の対象にされないよう

今一度、自己点検はもちろん
第三者目線を活用した検証も

手遅れにならないうちに
おこなった方がよいと思う。

「時すでに遅し」

だけは、避けてくださいませね。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク