北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

そう。誰だって、こんなことは予期していなかったんですが、結果として・・・

2022.02.21 (月)

 

うちも苦労したよ・・・

を、はじめ
日曜日にもかかわらず
きのうの内容について↓
https://bit.ly/3p1C4i2

多くの声をいただきましたm(__)m

きのうの文末に書いた
いずれちゃんとやるよ!

経営者が
本気でそう思っていても

いずれではく
突然にやってくることがある。

皆さん、なんとなく
わかったんじゃないかしら?

そう。不幸にも
突然の事故や急病で
経営者が亡くなってしまうと

否応なく相続が発生します。

自分が突然に亡くなることを
常日頃から意識する人は
そうそういませんよね。

私だってそうだもん。

なので、多くの場合
自社株を誰に
どれくらい譲るかなんて
遺言で事前に決めたりしていない。

ので、その場合
当然に法律が定める方法で
法定相続人が自社株も相続する。

昨日のケースは↓
https://bit.ly/3p1C4i2

まさにそれがおきて
兄弟が均等に自社株を
相続した結果なんですね。

万が一を考えるのは
嫌なことかもしれないけど

私が言うまでもなく
オーナー経営者は
自分や家族だけでなく

社員・顧客・取引先など
おおくのステークホルダーに
果たすべき責任があるわけで。

「いずれ」と思っていたことが
今日、起きても対応できるように
備えだけはおこたらず。ですね。

今回は事業譲渡に
まつわる話ですが
それにかかわらず

「備えよ常に」を忘れずに。



スポンサードリンク