北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

答えは3)。なぜならば、必ずしも49人以下とは限らないからですよ。

2022.02.08 (火)

 

たくさんのご回答
コメントなどなど
ありがとうございました(^.^)

では、さっそくに
きのうの↓答え合わせをば。
https://bit.ly/3gxg8qw

正解は3)の
「第三者割当増資には
私募による増資も含まれる。」

です。

ざっとおさらいすると
株式で資金調達をするさい

50人以上に声をかけるのが公募。

49人以下に声をかけるのが私募。

で、第三者割当増資とは?

会社の株主であるか
否かをとわず
特定の第三者に対して
株式を割り当てること。

と、きのう説明しましたが

おそらく「特定の第三者」
という言葉が誤解をうむ原因。

なぜなら特定の第三者が
50人以上になることも
可能性としてゼロではない。

ので、その場合
原則として公募に該当する。

(※原則と書いたように
例外がありますが
今日は説明を割愛します※)

なので、第三者割当増資は
私募になることもあれば
公募になることもあるので

「第三者割当増資には
私募による増資【も】含まれる。」

と、なるんですね。

H田さん、いかがでしょ?
復習になれば幸いです(^.^)

日本語には漢字という
表意文字があるので

ときに誤解を生むことも
多いですから

おたがい
言葉で説明をするときは
気をつけたいもんですね。

私も精進し続けますm(__)m



スポンサードリンク