北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

理不尽!観光を殺すな!怒りの声を上げたのは、鹿児島では有名な経済人です。

2022.02.06 (日)

 

観光を殺すのは誰か?

の前に
でかでかと「理不尽」
とつくタイトルをみて

手にとってみた

「理不尽 観光を殺すのは誰か」↓

理不尽 観光を殺すのは誰か


著者は
鹿児島商工会議所会頭であり

いわさきグループ
CEOである岩崎芳太郎さん。

鹿児島へは
仕事や観光でなんども
行ったことがありますが

いわさきグループは
バスやホテルなど
運輸、観光関連事業を
はばひろく手掛けており

鹿児島では
その名を知らぬ人は皆無の
地元の有力企業グループです。

いわば
岩崎芳太郎さんは
鹿児島の名士であり

私のような
自由人とはちがい(笑)

立場やしがらみなど
たくさんあるはず。

そんな岩崎芳太郎さんが
もう我慢できんぞ!

といったいわば
怒りの声をあげたのが

「理不尽 観光を殺すのは誰か」↓

理不尽 観光を殺すのは誰か


ぶっちゃけた感想をかくと
コロナ禍の変遷にともない
加筆が入っているものの

校正が追いつかなかった?

それともあえて
生々しい感情を伝えるために
校正をしなかったのか?

少々、話がいったりきたりで
読みにくさはあります(爆)。

この本は
新型コロナ第5波の直前
2021年6月に脱稿し
2021年7月に発売されましたが

第6波の真っ最中の
今読んでも
うなずける部分が多々ある。

たとえば

「観光・運輸・飲食に
関して言えば
ワクチンは救世主と
なりえないと判断するべき」
(242ページより引用)

とか。

今日現在の状況は
まさにそのとおりでは
ないでしょうかね。

岩崎芳太郎さんのような
地域を代表する名士って

ぶっちゃけ多くは
体制寄りというか
旧守派じゃないですか。

いわば政府や官僚を
批判するなんて
普通ならないっすよね。

ましてや鹿児島の
土地柄を考えたらなおさら。

ああ、俺もついつい放言(爆)

そんな岩崎芳太郎さんが
現在の政府と政策に
真っ向から反論しているのが

「理不尽 観光を殺すのは誰か」↓

理不尽 観光を殺すのは誰か


岩崎芳太郎さんの声(以下)

「私たちはもはや
天災の被害者ではなく
人災の被害者だ、と

為政者の方々には
自覚してもらいたい。

私だけでなく
ご同業の皆さんも是非
声をあげてほしい。」

声は
あげなければ届かない。

小さな声ですが
私もめげることなく
声を上げ続けていく勇気を
岩崎芳太郎さんから貰いました。



スポンサードリンク