北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

自分(自社)の弱みを、一瞬で消し去ってしまう方法とは?

2022.01.14 (金)

 

自分(自社)の強みと弱み。

もうさんざん
言われつくしているフレーズw

SWOT分析やらなにやらと。

ところで皆さんは

自分(自社)の強みを伸ばす派?

それとも

自分(自社)の弱みを克服する派?

のどちらですかね(^.^)

昨今(よりも前から?)の風潮は

自分(自社)の
強みを伸ばすことに
注力したほうがイイよ!

な、感じではないかと思う。

そんな論評とか
ひとに聞く前に
お前(垰本)は
どっちなんだよ?

ですねm(__)m

はい。ぶっちゃけますと

自分(自社)の弱みは
それを得意とする人(会社)に
お任せしちゃう派です(^.^)

そのうえで心おきなく
自分(自社)の強みに
ばく進するってな感じかなあ。

この手のテーマを
とりあげた本やコーチング
セミナーなんかでは

自分(自社)の強みに
目を向けなさい。集中しなさい!

ってことが
強調されがちですが
やっぱり人間ですもん。

自分(自社)の弱みが
気になって
気が散るじゃないですが(爆)

なんでね、強みに
自分(自社)の資源を
集中させるためにも
心配のタネはとっとと
消し去っちゃった方がいい

私は思うんですよねえ。

いやね、なんで突然
こんなことを言い出すかというと

ご相談にのった会社の
若い経営者の方が
まさにそれを実践してたから。

自分(自社)の弱みを
すなおにさらけ出して
助けてください!って
言われたから(^.^)

でもその方が
こっちもやることが
ハッキリして話が早いし

相談者の方は
弱みはそれを得意とする
人(会社)に安心して任せ

自分(自社)の資源を
強みに徹底集中でき
結果として
成長スピードが早まる。

ね。そんなのは
若い人の特権だろ!なんて

プライドに凝り固まらず
私たちおじさん世代も

弱みはさっさと
得意な人(会社)に
お任せしてみちゃいましょ。

 

新規お申込みキャンペーン!お乗り換えも大歓迎!【フレッツ光】

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (11)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)