北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

フィクションだけど、妙にリアリティがあるんですよ。それもそのはず著者は・・・

2021.12.19 (日)

 

お金がないけど
幸せな暮らしなんて
負け惜しみだ。

お金はあったほうが
いいに決まっている。

なんでみんな
嘘をつくんだろう。

ん?またアレか?

ホ●エ●ンとか
●ろ●きとかの

ツイートとかの引用かよ!

いえ。ちがいます(^.^)

シリーズ累計
48万部を突破した!

新川帆立さんの小説

「元彼の遺言状」↓

元彼の遺言状


の、
245ページに出てくる
主人公のセリフです。

主人公は弁護士の剣持麗子。

フィクションですが
描写が妙にリアルで惹かれるw

丸の内にある
財閥系ビルの28階に
私の勤務する
山田川村・津々井法律事務所が、、、
(12ページ)

なんてくだりとかね。

それもそのはず
著者の新川帆立さんは

東大法学部卒の
ずばり弁護士ですから(凄!)

小説のネタあかしを
するほど野暮じゃないので(笑)

興味をもたれたら
読んでいただければと思いますが

「元彼の遺言状」↓

元彼の遺言状

タイトルに
「遺言状」とあるとおり

小説の随所に
相続や遺言に関する
法的な側面が端的に

さくさくと
読めるように書いてある。

それだけじゃなくて
IPOやM&Aに関する知識の
一端にもふれられる
ところもあるんですよねえ(^.^)

小説なので
もちろん純粋に楽しんで
いただくだけでOKですが

私がおりにふれ
ご紹介するビジネス書は

どうも読む気になれない!

という方もいるでしょうから(汗)

今日は第19回

「このミステリーがすごい!」

大賞を受賞した

「元彼の遺言状」↓

元彼の遺言状

をご紹介しまーす(^.^)

私、ビジネス書だけでなく
けっこう小説も
読んでるんですよw

WEBサイトの記事に専門家・有資格者の監修をつけられる【みんなの記事監修】

スポンサードリンク