北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

生真面目な会社ほど、この罠におちいるんですよ・・・

2021.12.16 (木)

 

皆さんの会社にも
なにかしら決まりごとや
ルールがあるのではないでしょうか。

これを固い言葉でいうと

「社内諸規程」

などどいいますが

IPO(株式上場)を
めざす会社では

これらを整備(明文化)
することが必須です。

そしてこの
社内諸規程を
整備するうえで

気をつけて
いただきたい
ことがあるんですよ。

それは・・・・・

「走り出しましょう」

ってこと。

生真面目な会社さんほど

「よし!これで完璧!」

というレベルまで
規程をつくりこまないと
運用を開始しないことが

往々にしてあるんですが

私はいつも
つぎのようにアドバイスします。

「ある程度作ったら
まずは運用(使って)みましょ。」

使いながら

「ん?ここは違和感あるなあ・・・」

てなことに
気づいたら、そのつど

ソフトのバグをパッチで
直すようにアップデートすればよい。

だって、その方が
結果として
完成までの道のりが早まる

実際に使うことで
社内の実態が反映され

書いてあることと
実態に乖離が生じなくなる。

そう、上場審査では
規程に書いてあることが
立派かどうか(それも問われますが)

よりも

書いてあることと
実態に乖離がないかどうかを
重視されますのでね。

上場準備をしている
会社の皆々さま

ある程度作ったら

まずは
走り出すことが大切ですよ。

そしてこのスタンスは
上場うんぬんに関係なく
大切ではないでしょうか。

言われて久しいですが
OSや各種のソフトの世界など

我らが日本勢が
完璧さを追い求めるがあまり

マ●ク●ソ●トとかに
あっという間に市場を
取られちゃったのと同じ。

とくに
中小ベンチャー企業は

「えいヤッ!Go!」

お忘れなく。ですよ。



スポンサードリンク