北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

正しいことを言ったのに、人々はなぜ、次々と離脱したのか?

2021.11.08 (月)

 

スタートから
約1時間で参加者が
つぎつぎと離脱( ;∀;)・・・・・

きのうZoomで参加した
某学会でのできごと。

いやね
話がつまんなかった
からじゃないんですよ(多分w)

離脱者が続出した理由は
チャットへの
とあるコメントがきっかけ。

私も離脱しようかと思ったもん(爆)

その問題のコメントとは?

「関係ない話をここではするな!」

という「正論」だった。

ま、ご指摘ごもっともで
反論の余地はないんですよ。

発表者がちょいと脱線して
野球の話になっちゃったから(笑)

わたし的には

「別に少しくらいよくね?」

な意見ですが

お堅い場ですから
そういうわけにもいかないのかな?

なんて思っていたら
終了後に事務局から詫びがはいった。

どうやら多くの参加者から

「あんな言い方はないでしょ」

といった意見が寄せられたようです。

正論とは
「道理にかなった正しい意見」
(出典:大辞泉)

であり、前段の

「関係ない話をここではするな!」

はまさに正論。

だが、
多くの人は納得できるけど
感覚的に受け入れられなかった。

「そんなこと
 言われなくてもわかってる。

 でも、そんな風に
 言わなくてもいいでしょ!」

てなところかなあ。

ま、すくなくとも私は
そう思いましたがね。。。

おい!垰本よ!
おまえよく言うよなあ。

おまえは
どちらかといえば
直情径行で
直截的な物言いじゃねえか!

なんて声がボチボチと
聞こえてきそうですが

歳もだいぶ重ねたし
多少なりとも自覚があるから
気をつけるようにしてますよ(^.^)

ま、完ぺきとは
いいがたいですがね(汗)

ので、自戒をこめてw
まとめに入りますと

正論はとかく
相手の間違を頭から否定しがち。

否定はともすると
相手にすれば攻撃されたと
思ってしまうんじゃないかな。

言葉は一度
口から出たら
回収できませんから

お互い言い方には
気をつけたいもんです。

日々、精進いたしますm(__)m

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031