北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

ウニの軍艦巻き。あいよ!2貫で3,400円です(驚!)→どうも普通らしいよ・・・

2021.08.21 (土)

 

ウニの軍艦巻きが2貫で3,400円(驚!)

え?銀座のすし屋の話?

違いますw中国のすし屋の話。

昨晩みた
ワールドビジネスサテライトの
「ケーザイのナゼ」でやってました。
https://bit.ly/2Wa7NC7

くわしくは
上記リンクにある
アーカイブをみていただくとして

私が一番注目したのは中国の消費者の反応。

一様に「高くない」「当然」というコメント。

私たち日本人は
30年以上続くデフレに思考が支配され
多くは「うわ。高い!」と感じますよね。

高い安いの価値観は
千差万別、人それぞれで
つべこべ言うつもりはない。

が、一つ確実にいえることは
今のままだと我々日本人は
「買い負ける=買えない」が現実のものとなりつつある。

先日よみ終えた
日経新聞の現役記者である
中藤玲さんの著作『安いニッポン「価格」が示す停滞』

安いニッポン 「価格」が示す停滞 (日経プレミアシリーズ)

に書かれていたことを思い出した。

著作では多くの方が知る

ディズニーランドの入場料

100円ショップ

回転ずし

マクドナルド

スタバ

などの価格を国際比較し
いかに日本が安いのかを
端的にわかりやすく説明しています。

これを知るだけでも『安いニッポン「価格」が示す停滞』

安いニッポン 「価格」が示す停滞 (日経プレミアシリーズ)

読む価値ありですが

仕事がら私がもっとも注目したのは

第3章「買われる」ニッポンの
『2 技術が買われる』・・・

要約すると、海外から見れば
技術力をもつ中小企業は、安くてお買い得。

にもかかわらず
日本国内の企業は
取引価格も含めてさらに安く買いたたく。

そんな現状から
中国をはじめとする海外企業に
M&Aで買収される日本の中小企業は
年々増え始めており

2018年には公表ベースだけでも
過去最高の買収件数となった。
(調査会社のレコフの調べより)

著作でも警鐘があったが
海外企業の傘下に入り
グローバルに販路開拓をして
力をつけた日本の中小企業は

日本の既存の取引先に
「そんな値段じゃ売らないよ」と
いう可能性が充分にある。

ウニだけじゃなくて
日本のモノづくりに欠かせない
各種の部品も買い負けるかもしれない。

実際、私のところにも
海外企業から投資家から
買収ニーズや予算がよせられています。

ええ。
著作に書かれているとおり
私の顧客(売主)の
未来と利益を考えたら

「適正価格」で評価する
海外企業に買収された方が
幸せだと判断するケースが
特にここ数年、増えていますので。

著作に
「企業や技術を適正価格で見極め
買い逃すことのないように」

とありましたが私はコレを

「ヒトモノカネのすべてを適正価格で評価しないと
遠くない未来に日本人と日本企業は、買い負ける=買えない」

と理解しました。

M&Aに限った話ではなく
私たち個人の生活も
左右する重大事だと思う。

『安いニッポン「価格」が示す停滞』

安いニッポン 「価格」が示す停滞 (日経プレミアシリーズ)

ゆでガエル状態から脱却し
まずは現実を再認識するために
ぜひ、読んでみてくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
テトラフォースパートナーズ
LINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク