北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

私をだました犯人は?なんと、私自身だった!?・・・・・

2021.08.15 (日)

 

ここ数日のメディアは
大雨のニュースが席巻。

人命に直結することですから
正しい情報をえて
くれぐれも安全第一の行動を。

そして言うまでもないが
正しい情報ってのが本当に大切。

1年半以上にわたり
世界を騒がし続けている
新型コロナウイルスも一緒ですよね。

特にネット上には
真偽が定かでないような
情報があふれておりますし。

というわけで
私は一冊の本を手に取り読んでみた。

国立病院機構
仙台医療センター
ウイルスセンター長の
西村秀一さんが書いた

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本)

著者は
国立病院の現役の医師であり
呼吸器系ウイルス感染症の専門家。

呼吸器疾患の代表ともいえる
肺炎を引き起こす原因となる
新型コロナウイルスの
専門家と言って過言ではないでしょう。

詳細については著作をぜひ
お読みいただければと思いますが

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本)

今や当たり前になった
感染症対策のいくつかは
実は的外れで
思わず笑ってしまうものがあると
著者は断言しています。

ただし無責任な
楽観論を述べているわけではない。

新型コロナウイルスの厄介さや
怖がるべきことについても
きちんと書かれています。

そして
新型コロナウイルス問題に限らず
私たちがビジネスや日常生活を
営む上においても教訓となることが

書かれておりましたので
著作から

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本)

一部を抜粋引用させていただきます。

=====ここから=====

本書の副題にある
「もうだまされない」は
誤った知識を信じこむ
自分自身にだまされないという意味。

私達は、これまでいろいろな機会に
いろいろなルートで教わった情報を
まずは信じるのが普通。私達は弱い人間。

その中に誤りがあっても
それが正しいと
思い込んでしまうことは普通にあり
非難されることではない。

自分自身が弱い自分に
簡単にだまされるということであり


自分をだます相手というのは
そういった古い自分。

=====ここまで=====

誰しも自分がだまされたら
よくもだましやがって!

と、怒るのは当然だし
私だって起こりますよヽ(`Д´)ノプンプン

でも一方で
冷静に考えてみれば
著者の言うことはもっともで

不安だ!何かにすがりたい!
だれか助けて―!といった

人間ならば
誰しもが持つ弱い部分が
誤った情報を信じ込ませちゃう。

なんてこと
ここではあえて実例をあげませんがw
世の中、枚挙にいとまがないですもんね・・・

おたがい
自分が持つそんな弱さと
向き合い素直に認めると

自分で自分にだまされなく
なるんじゃないかなあ。

なんてことを
お盆休みの読書で思った次第。

最後にふたたび
著作から一部抜粋引用します。

=====ここから=====

古い自分にだまされて
自らを精神的も実生活の上でも
不自由な境遇に追い込んで
しまっている人達に

自分を解放して
新しい自分になってもらう
手助けをしたい。

この本は、そんな願いを
込めて作った本です。

「新型コロナの大誤解」を

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本)

そうした人達
そしてコロナ禍と闘っている
すべての人に捧げます。

=====ここまで=====

ぜひ、読んでみてください。おススメです。

もうだまされない 新型コロナの大誤解 (幻冬舎単行本)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
テトラフォースパートナーズ
LINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク