北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

社長がお金を借りるとき、うっかりアレを、していませんか?

2021.04.16 (金)

 

ここ二日、関連当事者がらみの
ネタをお届けしておりますがw

おとといのブログは下記↓
https://bit.ly/3wZ8c8z

きのうのブログは下記↓
https://bit.ly/3tucjr6

先日もご相談を受けた際に
「え?そうなの?」と言われた

なにげなくやっちゃう
とある手続きについての注意点を
簡単に説明しますね。

内容は、某オーナー企業さんが
M&A(会社買収)をするにあたり

直接買収するのではなく
会社から社長に買収資金を貸し付けて

いったん社長個人でM&Aするというもの。

何故そんな回りくどいことを?
については今日は割愛しますが
別に悪いことじゃあ、ありません。

ちゃんと手続きを忘れずにすれば。

これ、思いっきり
関連当事者取引に該当します。

で、社内手続きとしては
取締役会で
「会社が社長に●円、貸します」
という決議を取る必要があります。

ただしその決議には
社長は参加することができません。

普通に考えて
お金を借りる張本人
社長が自分自身に
貸していいよーって言うのって
なんとなく変な感じしませんかね?

はい。これを
専門用語では「特別利害関係者」といい
ちゃんと会社法にダメよ。って書いてある。

実はここをご存じない
つまりは悪気はないけれども
会社が社長にお金を貸すときに

社長自身がオッケーって
決議しちゃっているケースが散見される。

でもさあ、オーナー企業なんでしょ?
別に文句を言う(言える)人、いないでしょ?

今日はお堅いことをいいますが
会社法は法律ですから
企業規模の大小にかかわらず
守らないといけないものですよ。

そしてこういった綻びは
のちのちに大きな禍根となる。。。

機会がありましたら
そのあたりも改めて
ご紹介するようにしますね。

三日間にわたりお届けした
関連当事者のお話し。

上場企業や
上場を目指す企業のみならず
全ての企業に当てはまること。

なにげなく、悪気なく
なんとなくやっていること。

これって大丈夫なの?
なんて見直すクセをお忘れなく。

あ、ご質問やご相談は
私までお気軽に下記よりどうぞ(*^-^*)
info@tetraforce.jp

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク