北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

できるようになったらやります!だと、いつまでたっても出来ないよ。

2021.03.22 (月)

 

約2か月半におよんだ
首都圏の一都三県にだされた
緊急事態宣言が解除になりましたね。

昨年の5月下旬に
一回目の宣言解除がされたときは

なんというかこう
解放的な心情がありましたが

今回は気持ちが平板で
淡々とした心情でございます。

皆さんはどのように
受け止めておられますでしょうか?

当然ながら受けとめ方も
思うところも人それぞれですし

午前0時を境に
新型コロナウイルスが
雲散霧消したわけでもないのでね。。。

そんなことを思いながら
過去、当事者(CFO)として
IPO(株式上場)を達成した時の

心情がよみがえってきました。

初めて(2002年)のときは
やることなすことが新鮮で
かつ常にテンパっていたうえに(汗)
とにかく毎日が無我夢中で
達成した時は「やったー!」てな感じ。

いっぽう2回目(2004年)のときは
予期せぬトラブルなどが
ちょいちょいと発生したものの
総じてテンパることなく対処し

無事に上場の日をむかえるまで
表面上は冷静でいれたかな、なんて(笑)。

物事を成し遂げた喜びも
やはり1回目と2回目では違うもんです。

そして業種も環境も市場もすべて
あまりにも違いすぎる両社でしたが
一つだけ共通していたことがあります。

それは上場(したい)の時期を
必達目標として明確に設定して

達成するには
いつまでに何をどうすればよいか?

をすべて逆算思考で設定し
日々のタスクを地道に
すべて締め切り厳守で行ったこと。

ときたま
「上場できる会社になったら
チャレンジしますのでヨロシクー!」

といわれますが

「あ、それだと
永遠に上場できませんよー」

が私のクチぐせw

だって上場準備は
関係者の皆さんに
一定時期にそれなりの負荷を
かけてしまいますからね。

出口のないトンネル
見えないゴールじゃ
人の心は折れちゃいますもん(:_;)

冒頭は宣言解除の
雑談的な語り口だったのに
ずいぶんと話がそれちゃいましたが(汗)

ビジネスにおける
様々なプロジェクトも然りじゃないかと。

まずはゴールを明確に設定。

そしてゴールから逆算

達成するためのタスク化をおこなって
もちろん実行ね(^.^)

「機が熟したらやります」は

往々にして機が過ぎ去りますのでね
お互いに充分、気をつけてまいりましょう。

 

ご参考になれば幸いです(^^;)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031