北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

そのウリ文句。どっち側の視点に立ったものですか?

2021.03.16 (火)

 

IPO(株式上場)や
M&Aなどのコンサルティングを
提供する私たちの業界が

あたりまえのように使う「支援」という言葉

事実実態を端的にあらわす言葉なので
私も今まで何の疑問もなく使っていますし
同業他社も多くがそうじゃないかと思います。

ところが私の先生から
(ちなみに昨日のメルマガで
紹介した方とは別な分野の先生)

んー。その言葉って
必ずしもいい言葉とは
限らないんじゃないかなあ

なんて問題提起をされまして・・・

いや、ぶっちゃけビックリで
え!なんで?どうしてですか?

って素直に聞いてみました。

先生のクチから出た言葉は

「支援」ってのはね提供者の視点だと思うよ。

だから間違ってはいないけど
それだけじゃあ片手落ちでしょ。

なのでお客様が背景に持つ欲求を
言葉で表現しなさいと。

言われて納得。理屈はよくわかる。

が、ここから先は
トンネルの見えない出口というか
おそらく永遠に悟りのない世界(爆)。

こうしてメルマガを書きながらも悶絶中。。。

悶絶さなかの私が
言えた義理じゃありませんが(汗)

皆さんの業界や会社でも
長年にわたって何の疑問もなく
あたりまえのように使っている

商品やサービス内容を表す言葉。

提供する側からの視点のみならず
それらをお求めくださる
お客様の視点からの言葉を
持ち合わせていますでしょうか?

ネーミングの大切さを説いた
著作なども多く出ておりますし

お客様にささる言葉については
皆さんも常に知恵を
しぼられていると思いますが

定期的に提供者目線を強制リセットすること。

お互いに忘れずに行いたいですね。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク