北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

10年前の、あの時に、どこで何をしていたか?さすがに忘れられません。

2021.03.11 (木)

 

言わずもがなですが
本日、3月11日は10年前に
東日本大震災が発災した日。

あらためて
被災されたすべての皆さまに
お見舞いを申し上げます。

皆さんは、あの日、あの時
どんな状況でしたでしょうか?

私は出張先の沖縄におりました。

ちょうどお客さんのところで
仕事が一段落して
コーヒーでも飲もうと誘われ

那覇空港まで送るよー!
ありがとうございまーす!
なんて会話をしていたら

社員の方が血相をかえて
すぐにテレビをつけてくださいと
社長室にかけ込んできた。

羽田空港は閉鎖となり
電話もしばらくつながらず
東京の家族や仕事仲間
友人知人の安否も確認できず。

母の郷里である
岩手県釜石市をはじめ
各地での津波被害を
テレビで見で言葉を失ったことが
毎年、この日が来ると思いだします

とは申せ、時は無情にも
流れ続けるものですから

こういった節目がないと
なかなか意識の俎上にのせるのが
むずかしいですね。

私も小なりとはいえ
経営者の端くれですから
誰かに管理監督されることもないし

ひとりの弱い人間ですから
自分や自社を定期的に振りかえる節目を

仕組みとしてもっておかないと
気づかぬうちに
取り返しのつかない失敗ロードを
進んでしまっているリスクがある。

私の場合は
自分や自社を俯瞰してくれる
外の目(アドバイザー)と
定期的に会合をもってチェックしてもらいつつ

日々の振りかえりは
恥ずかしいので誰にも見せない(汗)
日報を書くことでなんとか

致命的な過ちをおかさないような
取り組みをしております。

ま、これはあくまで
私の場合ですから
参考程度に読み流してもらって(*^-^*)

やり方は千差万別
自社にとって自分にとって
一番フィットする方法でよいですから

節目をもうけて
自分や自社の歩みを定期的に振りかえること。

同じ失敗を繰り返さないためにも
あらためておススメしたいと思います。

最後にあらためて
東日本大震災で被災された
全ての皆さまにお見舞いを申し上げます。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031