北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

値切られまくって、困っているんですよ。。。どうしたらいいですか?

2021.02.17 (水)

 

ここ1年ほど
M&Aや事業承継支援ビジネスに
新規参入された方の

ご相談に乗ったり
事業を軌道に乗せるお手伝いを
しております。

でね、ここ最近つぎのような
悩みを聞くことが増えてまいりましてね。

それは

「依頼主から値切り倒される」

こと。

まあ確かに、ここ数年で

「着手金は完全無料!成功報酬のみ!」

とか増えてきましたし。

価格(手数料)の面で
M&Aや事業承継をためらう方々が
多かったことは事実ですから

個人的には

選択肢がひろがって
健全な競争がされることは
いいことだと思っています。

ですがいっぽうで
特にM&Aの買い手に
ときたまいるのですが

「俺は金を出すんだぞ!」

だから

「俺のために良いものを
安く買いたたくのが業者であるお前らの仕事だ!」

プラス

「お前に払う手数料も、なるべく安くしろ!」と

迫ってくる方がいるんですよ。

で、たいがい
こういうタイプの買い手に
振り回されているのが

冒頭に書いた
いわば業界の新人さんたち。。。

そんな悩みを抱えた方に
私がズバッと言い切るのは

「その人と付き合うの、すっぱりやめましょ」です。

だって一つもいいことないんだもん。

売り手には恨まれまた上に
プロとしての矜持も砕かれ
あげくの果てに収益もままならない。

でも皆さん
一瞬、ためらいをみせるんです。

せっかく来た話を自分から断ったら
実績もあげられず
収益機会を失いかねないし

なにより買い手に
悪口とか言われて
しまうんじゃないかって。

さ、こっから過激になって(笑)
敵を増やすことを書きますが(爆)

大丈夫!そんな買い手にはね
情報そのものが入らなくなるのが関の山。

最近はこんな話は
以前に比べて減ったかもしれませんが

たとえば超がつく有名大企業で
業者が列をなして日参するような
購買部門の責任者で

取引業者をたたくことに
病的な快感を覚えている輩。

私もいくどか
クライアント企業の立場で
丁々発止の交渉をしたことがありますが

「虎の威を借りる狐」野郎で
まあ、人間としては最低の部類よ。

クライアントに絶対に
迷惑をかけないことを担保したうえで
もちろん、正々堂々、適法に
コテンパンにやっつけたことがあります。
(内容はさすがに書けない。爆)

で、その後の末路は悲惨なもんです。

結果、その地位から追われたあと
社外の方々はもちろんのこと
社内からも白い目でみられるようになり

だーれも近づかなくなっちゃった。

いまどき昭和の遺物だと
一蹴されちゃうかもしれませんが(汗)

定年退職したら
年賀状も年賀挨拶もこなくなった。。。

みたいな話とある意味おんなじかと。

相手へのリスペクトがない
「俺は金を払ってるんだぞ!」病。

己が陥らないことはモチロンですが
そんな輩はね「お客様」じゃないんですよ。

お互いに矜持を忘れない
勇気を持って頑張ってまいりましょう!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

 «   2021年 3月     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031