北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

で、結局のところ資本提携と業務提携。どっちがいいの?それは・・・

2021.01.26 (火)

昨日のブログで
http://bit.ly/3cccq4I

「業務提携」と「資本提携」の
違いについて簡単に書いてみました。

で、本日は
これまたご質問が多い資本提携と業務提携
それぞれのメリットとデメリットは?

について触れてみたいと思います。

まず業務提携のメリットですが

お金をだして
互いの株式をもちあったりしませんから
お金がかからず、契約するだけ。

そして互いの独立が保たれる
いわば緩やかな関係ですから
経営の意思決定などに介入されたり

これはうちの虎の子だ!
的な機密情報なども知られずに済む。

いっぽう業務提携のデメリットは
ぶっちゃけた書き方をすると
緩やかであるがゆえに

概して身が入らず
思ったほどの効果があがらず
契約が有名無実化することもしばしば。。。

次に資本提携のメリットですが
お金を出して互いの株式を
持ちあったりするわけですから
いわば、真剣さがググっと増すわけです。

ので、業務提携のみと比べれば
実効性が高く、行動や成果につながりやすい。

が、デメリットも当然あり
多いか少ないかは別にして
まず、最初に金がかかる(爆)。

そして持株比率にもよりますが
経営の意思決定などに当然、口をはさまれ

時と場合によっては
出資を受けた側の意に沿わないことが
生じたりするわけなんですね。

ここまでザクッと書きましたが
お読みいただくと

業務提携と資本提携の
メリットとデメリットで裏返し
つまりはトレード・オフの関係なんですね。

なので、どっちがいいか
悪いかという判断軸ではなく

自社にとって何が課題で
それを解決するために
提携する相手と何をするのか?

書けばそんなの当たり前でしょ?
という前提がもっとも大事だと思います。

特に資本提携は実行した後に
何だか違うからやっぱやーめた!
お金を返すからなかったコトに!

なんて感じで安易に解消できませんので

くれぐれも事前の検討をしっかりとね。

そのあたりのご相談ごとは
お気軽に下記までご連絡くださいませ(*^-^*)
taomoto@tetraforce.jp

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク