北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

タスキをつないでいくのは、駅伝だけじゃあないよ。

2021.01.03 (日)

 

正月の風物詩ともいえる
箱根駅伝を見ておりました。

往路優勝した創価大学が
10区途中までトップでしたが
駒澤大学が逆転し総合優勝しましたね。

連覇を期待された青学は
往路で12位と沈んだものの
復路で驚異的な巻き返しをみせ総合4位と大健闘。

ま、こういった情報は私が文字化しなくても
報道されまくってますから
これ以上の言及はしませんが(汗)

駅伝に限らず、学生スポーツに
私が惹き込まれてしまうのは「限り」があるから。

高校は3年間、大学は4年間という「限り」

留年すればいいじゃん!
ってツッコミは今回はなしね(爆)。

最終年次になれば泣いても笑っても次はない。

ガチな真剣さがヒシヒシと感じられる。
ので、心動かされる。

でもこれって何も
学生さんや学生スポーツに
限った話じゃないですよね。

昨今は諸事情で生涯現役!
なんてことが言われてますけれど

とは申せ、サラリーマンには定年退職がある。

中小企業の
オーナー経営者だって引退の時が必ず来る。

オーナー経営者と
サラリーマンの違いは引退の期日を
自分で決めることができるか、できないか、だけ。

いつ引退するか?なんてことは
各自が自由に決めていいんですが

不慮の事故や病気などで
突然、あるいは前倒しで引退せざるを
得ない時も、人間だれしもあるわけです。

駅伝でいえば
補欠や控えの選手を用意せよってこと?

中小企業にそんな余裕はねえよ!

と突っ込まれそうです。

なので補欠や控えを用意せよとは言わない。

駅伝でいえばチームの年次構成を
考えましょうね。ってこと。

全員が4年生だったら翌年
実体験をした人が誰もいなくなっちゃうので
1年生から4年生までバランスよくチームに入れ

体感知や体験知のタスキを
次世代にきっちりとつなぐこと。

中小企業オーナー経営者の皆さん
2021年はぜひ、そんなことを
意識の片隅においてくださいませ。

そんなお手伝いも
下記を通して行いますので
お気軽にお声がけくださいませ(^^;)

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB