北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

カードを切るのは1回で1枚。多くても2枚までね。

2020.12.30 (水)

 

昨日は新たにM&Aビジネスを立ち上げた
会計士資格をお持ちのTさんとの打ち合わせ。

私はM&Aビジネスの先輩として
立ち上げ段階から
もろもろアドバイスさせていただいており

私の立ち位置と役割は
コンサルタントのコンサルタントであり
ご一緒に顧客対応や実務を推進すること。

で、このTさん。
会計士としての
知識経験は言うまでもなく
書籍も出版されており
いや、お世辞抜きで申し分ないスキル。

真面目でお人柄もよく
昨日も打ち合わせのさいは
もう非の打ち所がない完璧な準備状況。

そんな状況で
私がアドバイスしたことは

年初に控えたお客様との
初回面談では、準備したことを
全部お相手に提案したり
お話ししちゃダメでっせー。でした。

普通なら、何言ってんだお前!
せっかく真面目に準備したことを
使うなとはどういうことよ!

って不快に思われても仕方ない。

が、さすがはTさん
私の意図するところを理解して下さりました(^^;)

その意図をかんたんに説明すると
年初早々にTさんのところへ
ご相談に来られる方はM&Aについて未経験

お問い合わせ内容からも
不安が読み取れるんですよね。

そんな相手に盛りだくさんの
提案をしちゃうと消化不良を起こし
場合によっては嫌気がさしちゃう。

なのでまずは聞き役に徹して
相手が話しやすい場づくりが最優先

そしてそのうえで
仮にご提案したい内容が
沢山あったとしても
原則1つ、多くても
2つに絞ってお話しする。

ようは手持ちのトランプの
カードを切りすぎちゃあダメよ。ってこと。

実はこの教え
私の職業人の基礎を
作ってくださったお一人である

大和証券の常務として
法人営業のプロ中のプロと評され
大和企業投資の副社長を歴任された
今は亡きI副社長から徹底的に
たたき込まれたことです。

お客様と良い関係を
長く続けたいのであれば
お前がべらべらしゃべるな!

お前が話していいのは
1回あたり1つか、2つにとどめろ!

そして相手にお話しいただける
場づくりに心を砕き、宿題をお預かりしろ。

そしてその宿題に答えを出せと。

この四半世紀で
環境や状況は激変し(続けて)ますし
これからも変化し続けていくでしょう。

でも私たちビジネスパーソンが
お相手をさせていただくのは
いついかなるときでも「人間」です。

天国にいるI副社長には
「いっぱしのこと言いやがって」と
お叱りを受けそうですが(汗)

I副社長の教えは
今も色あせることなく
Tさんにしっかりと届きましたよ。

さあTさん
年初はOJTで実践ですね(^^;)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク