北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

お客さんが怒るのは、遅れたからではないんです。

2020.12.27 (日)

 

昨日は名古屋から福岡へ移動。

いつもなら年末年始の
帰省ラッシュスタート!ですが

すでに皆さんご承知のとおり
アレが何してますから
新幹線は混雑からは程遠く

西に向かうにつれて
お客さんがどんどん減っていく
寂しい道中でございました((+_+))

冬場の東海道新幹線は
名古屋と京都の間にある
滋賀県の米原あたりで
雪の影響で遅れることがあります。

幸い昨日は雪の影響はありませんでしたが
代わりに?線路と設備の点検で
徐行運転したため博多到着が
10分弱、遅れました。

車内放送で懇切丁寧に
説明されておりましたし

私もゆとりがあったので
何の問題もなく
むしろ鉄男としては
1分でも長く新幹線に乗れて嬉しー(笑)。

なんて話はさておき(汗)
外国の方々が一様にビックリされる
日本の鉄道ダイヤの正確さ。

数分遅れただけで車内放送で説明が入り
「申し訳ございません」という。

最近はこれらについて我々日本人の中でも

「別に謝る必要ねえじゃん」

「ちょっと過剰すぎじゃね」

なんて意見が散見されますね。

が、私はそうは思わない。

え?お前、1分の遅れも許さず
怒り出しちゃったりするわけ?最低!

いやいやそうじゃなくてw
トラブルなどで約束が守れなかったときに

なんでそうなったのか?

と、これからどうなりそうか?

を、お客さんに隠すことなく
1秒でも早くお伝えすることを
これからも守り続けてほしいってこと。

個人だって会社だって
失敗もあればミスもあります。

カンペキなんて存在しないですよ。

でね、お客さんの怒りって実のところは

ミスや失敗そのものというよりも
そのミスや失敗を隠したり
説明をせずにスルーするなど

その後の姿勢や態度によるところが
大きいんじゃないかなあ。

「雨降って地固まる」と
故事ことわざにあるとおり

お互いに隠ぺいと
スルーだけは絶対しないことを
守り抜きたいですね。

今日はイチ鉄道ファンの
鉄道擁護シリーズでした(^.^)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク