北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

その先にあったのは、滝つぼだった・・・

2020.12.08 (火)

 

公私にわたり仲良くしている
札幌の某企業にお勤めのYさん。

某企業では経理財務を担当し
札幌では珍しいIPO(株式上場)
の実務経験と成功体験をもつ方です。

ひょんなことで
2年ほど前に知り合い
札幌でIPOの話ができる
数少ない大切なお友だち(*^-^*)

そしてなによりも
仕事がら数字に明るいですから
ご自分の会社のことも
冷静に見ておられます。

主力事業の一つが飲食業なので
新型コロナの感染拡大の影響
もろかぶりです。。。

ただ当面の資金は融資などで
それなりに確保してあるそうで
今すぐにヤバイ!とかはないですが

先行き不透明なこともあり
非常に危機感をもっておられます。

Yさんの言葉を借りると

先の見えない滝つぼに向かって
舟を漕いでいる気がすると。。。

官民挙げての様々な方策により
当面の間は
金利や保証料が補てんされて
コストがゼロの資金もあったり

そこまでは無理でも
低金利かつ、元本返済が
数年後に設定されていて
毎月の返済はしばらくの間
金利だけなので、負担感をあまり感じない。

など。

たしかに当面の危機を
回避するためには必要だし
ありがたいことではあります。

が、いっぽうで

「それ、ホントに必要???」

てな位、過剰に融資を受け
資金が潤沢にあることで
安心してしまい

嵐が過ぎ去るのをじっと待ち続け
いずれは元に戻ると構えていたり

勇気ある撤退や変革をせず
赤字が続く既存事業に
調達した資金を使っている。

なんて会社も散見されます。。。

いずれは必ずやってくる
元本返済による資金のひっ迫を

忘れてしまった?いや
見なかったことにしよう!といった
錯覚を起こしているかのような感じ。

今一度、Yさんの言葉を借ります。

御社は

先の見えない滝つぼに向かって
舟を漕いでいないでしょうか?

いまなら引き返せるかもしれません。

来年になって
こんなはずじゃなかった・・・
とならないように

今のうちから
気を引き締めてくださいね。

今のうちに気を引き締めて
先の有事に備えるお手伝いを
下記のプログラムでご提供します!

※聞いた後からすぐに使えるノウハウをお渡しします※
『起死回生の資金調達法~土壇場の哲学、修羅場の論理~』

※個別・出前講座と個別相談をパッケージでご提供!
(オンライン・対面、どちらでもOKです)
お問い合わせ、お申し込みは下記よりお願いいたします。
https://bit.ly/3lSWw0D

Yさん、お互いに
しっかりと前を見て頑張りましょ!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB