北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

アレを借りられますか?あれに加入できますか?

2020.12.07 (月)

 

昨日のブログ(下記)の後半部分でふれた
https://bit.ly/37VS8ZB

私が運営するテトラフォース・パートナーズは
https://bit.ly/3qzpTbp

「有限責任事業組合(以下、LLP)」です。

について、意外にも多くの方から

「あ、そうだったっけw」

「ところで、LLPってなあに?」

「メリットやデメリットは?」

なんてご質問などをいただいたので
簡単ですが、この場を借りてご説明しますね。

LLP (有限責任事業組合)とは
Limited Liability Partnership
(リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ)の略で
日本語では「有限責任事業組合」と訳される事業体のこと。

出資者は出資額によって責任を負い
事業を進める点は合同会社(以下、LLC)と同じですが
LLPは法人格を持たないのがLLCとの最大の相違点。

ま、テクニカルな話はここまでにして
私自身が13年以上、LLPを運営してきて
実感している最大のメリットは

損益や権限の分配を
自由に決定できるなど
内部自治が徹底していること。

もうちょっと
ぶっちゃけた書き方をするとw

お金はないけど知恵はある
汗をかいていい仕事をして
事業の収益に貢献します!

という個人や会社と

新しい事業をするための資本
つまり、お金はあるんだけど
アイデアが湧かないんだよなあ・・・

という個人や会社が
LLPを作って対等に収益配分ができる。

株式会社では
持ち株比率が9:1であれば
配当金も9:1になりますが

LLPの場合は
出資金の割合が9:1でも
収益配分を5:5にできたりします。

活用された事例としては
資本力には乏しいが
創作力のあるアニメクリエイターと

資本力やプロデュース力のある
制作会社や配給会社がLLPを設立し
作品が売れた収益を対等に配分するスキームなど。

他にも会社を設立するとき
20万円ちょいはかかる設立費用が
LLPの場合は約6万円と3分の1以下。

でも、法人格がないから
信用力とかどうなのさ?
事務所の賃貸契約は?
社会保険の加入は?
雇用契約は結べるの?

なんてご心配があるかもですが

事務所の賃貸契約できます!

社会保険、加入できます!

人を雇えば、雇用契約もOK!

もちろん銀行口座も開設OK!
(法人扱いに準拠します)

法人格はなくても
法務局で登記されており謄本もある。
当然、印鑑登録もされています。

長くなったので本日は
このあたりでやめときますがw

もっと詳しく教えろ!という方
お気軽に下記までお問い合わせください(*^-^*)
https://bit.ly/3kG6ylL

昨日も書きましたが
食わず嫌いは何事も損ですよ。

たいしてコストもかからず
許容範囲であればチャレンジしたほうが
何事も得られることが多いと、私は思います。

Let's give it a try!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク