北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

伏せ字の答えは、こちらになりまーす(^.^)

2020.11.30 (月)

 

昨日のブログで
https://bit.ly/2HUd3mK

M&Aを進めていくにあたって
専門家などから●●のサービスを受けなければ

すなわち、買わなければ
M&Aにおいて望む結果が得られないこともある。

なんてことを書きました。

●●ってなんだ?
もったいつけやがって!
とお叱り((+_+))いやご質問を
いくつも頂戴しましたので(^^;)

今日は伏せ字のタネ明かしをします。

いくつか大事なことがありますが
その中でも重要なことは「デューデリジェンス」

「デューデリジェンス」について
言葉の意味について辞書をひも解くと

不動産投資やM&Aなどの取引に際して
投資対象となる資産の価値・収益力・リスクなどを
経営・財務・法務・環境などの観点から詳細に調査・分析すること。

と、あります。

中小規模のM&Aをお考えの方で
特に初めてのご経験される方は
この字面を見て

「いやあ!俺には無理だ・・・」

「専門家に任せないと・・・・」

「でも、幾らかかるんだろう・」

などという思いが
頭を駆け巡って躊躇してしまう。

そりゃ知らないことですから
無理もありません。

私だって知らないことに
直面したら躊躇しますもん。

でもね、以前から
何度かお伝えしていますが

一世一代の買い物である「家」を買う時。

自分自身で何気なく、というか
当たり前にやっていることがないですか?

そうです。

「無理なく返済できるかなあ」
のシミュレーション。すなわち返済計画の立案。

いや、返済計画は俺じゃなくて
銀行が作るもんでしょ?って思われたあなた

確かにそうかもしれませんが
前提があるじゃないですか?

あなたの収入や
日々の生活に必要な支出
その結果として毎月いくらであれば
無理なく返済できるのか?という前提条件。

この前提条件は当事者である
あなたしか知らないことだし
誰からも強制されるものでもない。

M&A、すなわち会社を買う時も一緒。

あなたが無理なく支払える
予算がまず、ありきなわけですよ。

で、その支払ったお金が
何年で回収できるかなあ?と
目星をつけることが

誤解を恐れず言いきれば
デューディリジェンスの要諦。

となると?
買収した会社の何をまず見ますか?

収入やら支出やらが書いてあり
お金がどんだけ手元にあるの?などが
書いてある書類。そう「決算書」です。

決算書なんて見たことないし
診るのも面倒だし、見方もわからない。

という方で

そもそも診るのが嫌だ!という方
悪い人に騙されるのが関の山ですから

M&Aにトライすること自体、おやめください。

決算書を見たことはない。

あるいは

決算書の見方がよくわからない。。。

けれども、M&Aにトライしたいので
決算書の見方を知りたい、学びたい
という方はぜひ、下記をごらんください!

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

あ、ちなみに決算書を診る力

取引先を診る力にもつうじますから
売掛金のとりっぱぐれリスクも低減できますよー。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB