北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

多いから駄目じゃなくて、反●がいるから駄目。でしょ!

2020.11.28 (土)

 

さてさて、昨日のブログ(下記)に書いたとおり
https://bit.ly/3o3MWJr

株式型クラウドファンディングで
大勢の方から資金調達をして株主が増えてしまうと

株式上場を目指すうえで
ネックになりますよ!という「誤解」

誤解の内容を具体的に書きますとね
不特定多数から資金調達(募集)をすると
好ましからざる株主、つまり

反社会的勢力と言われるような輩が
かんたんに株を手に入れてしまうのでは?

そして万が一
好ましからざる株主がいたら
上場審査に落とされる。=上場できない。

なので「やめといた方がいい」と・・・

上記をお読みいただければ
株主数が多いから上場できないのではなく

株主の中に反社会的勢力がいたら
上場できないとご理解いただけると思います。

なのになぜか
株主が多い=上場できないという
不思議なロジックを展開している輩がいる。。。

で、上場準備をいくつも経験した私の見解。

うん。確かに絶対に大丈夫だ!
リスクはゼロです!とは申しません。

専門的かつ詳細な話は避けますが
上場会社ですら最善の注意を尽くしても
完全に排除、とはいきませんからねえ。

でもね、総会屋とかが
跳梁跋扈していたかつての
時代に比べたら、格段に
証券会社をはじめ関係者の対策が進んでおり

今じゃ総会屋対策なんて、ほぼ死語ですわ。

株式型クラウドファンディングを手掛ける
日本クラウドキャピタルは金融庁から
れっきとした許認可を得ておりまし

当局のチェックも厳しいうえに
社内管理体制も整え、事前に
好ましからざる投資家を排除する。

すなわち口座開設ができない。

ので、株を買えない(投資できない)。

それでも万が一
好ましからざる輩が入ったことが判明した場合は

所有した株式を
強制売却させるような仕組みも整えている。

このあたりのこと
私ら業界のプロであれば
きちんと資料などを精読すれば
正しく理解できるはずなのに

世間からはプロと目されている
一部のベンチャーキャピタルなどの
担当者が誤解しているうえに

それを中小ベンチャー企業に
吹聴しちゃっているんですよ。。。

中小ベンチャー企業からすれば
まさかベンチャーキャピタルが
間違った情報提供をするはずがないと
思っておられるわけで。。。

いやはや困ったもんですわ(>_<)

医療の世界では
セカンドオピニオンが
今では定着しているようですが

金融(資金調達)の世界でも
セカンドオピニオンは不可欠だなと思う。

会社にとってお金は、人間に例えれば血液ですよ。

間違った知識や情報によって
いうならば輸血に失敗したら取り返しがつかないですよね。

なんて改めて思いをいたし
私も気を引き締めるのであります。

中小ベンチャー企業
経営者の皆さま
どうぞお気をつけてくださいませ。

今回ご紹介したような
資金調達方法のあれこれなど

資金に関するお悩みや
わからないことに1つ1つお答えし
わかりやすくお伝えする下記セミナー。
https://bit.ly/3lSWw0D

個別相談もOK!研修スタイルもOK!

そしてご要望に応じて
内容もオーダーメイド可能です!

お気軽にお申し付けくださいませ(^.^)

※聞いた後からすぐに使えるノウハウをお渡しします※
『起死回生の資金調達法~土壇場の哲学、修羅場の論理~』

※個別・出前講座と個別相談をパッケージでご提供!
(オンライン・対面、どちらでもOKです)
お問い合わせ、お申し込みは下記よりお願いいたします。
https://bit.ly/3lSWw0D

申し込むその前に
聞きたいことがあるよ!という方は
お気軽に下記までお問い合わせください(^.^)
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク