北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

解任???そこまでこじれたか・・・さて、どうする?

2020.11.24 (火)

 

連休中にお受けした
Heavyなご相談がありましてね。

某ベンチャー企業で
CFOとして獅子奮迅の働きをしている旧知のNさん。

株主総会で取締役を解任されそうな
気配があるとのことで、穏やかじゃない。。。

Nさんの名誉のために申し上げておきますと

Nさんの仕事ぶりには何らの問題はなく
当然ながら法令違反もなければ
取締役としての善管注意義務違反もない。

ベンチャーキャピタルをはじめとする
投資家(いわゆる外部株主)からは

Nさんに辞められたら
会社が立ち行かなく恐れがあります。

なので絶対に辞めないで下さいと言われております。

ここまでお読みくださった方は
ちょっと待て?おかしくね?と思われたのではないでしょうか?

株主が「辞めないでくれ」と
言っているのに株主総会で解任の動きって何さ?

ということです。

どういうことかと言うと
筆頭株主である社長がCFOのNさんに対して

ようはお前の言うことは
いちいち目障りで気に食わん!

ので、解任したろうという
俺に言わせれば実に子供じみた話。

ちなみに社長の持ち株比率では
単独で解任決議はできない状況。

なので策をこうじる
手立てもあるんじゃなかろうか?

てなわけで、複数社のCFO経験をもち
事業会社と投資家の両方を知る
私に相談のお鉢がまわってきました。

アドバイス内容は
さすがにここでは書けません。。。

もちろん順法な内容の
アドバイスであることは言うまでもありませんが。

ひとしきり話を聞いて
アドバイスを終えた後に改めて思ったことがあります。

それは・・・

リスク分散も
時と場合によっては仇となるということ。

ご相談者の会社
事業内容が評価されて
多くのベンチャーキャピタルが
株主に名を連ねているんですが

核となるリードインベスターがいない。

ベンチャーキャピタル各社とも
損はしたくないけど
かといって過度に労力を割いて
何とかしようという気持ちも薄い。

ようは日和見(爆)。

資本政策に「これだ!」という
絶対的な正解はありませんが

こと中小ベンチャー企業においては
外部からの資本受け入れの際には
よき伴走者たるインベスターを
最低1つ、できれば2つ参画してもらうこと

おススメしたいですね。

そういった投資家のご紹介や
資本戦略の立案、交渉サポート
私の大得意分野ですので(^.^)

お気軽に、下記までご相談くださいませ(*^-^*)
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク