北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

偶然道端で再会した旧知のIさん。

いやほんと、こんなことってあるのか?
ってくらいビックリしましたが

以前に私が関与した会社で
中堅のホープとしてバリバリ頑張ってます(^.^)

立ち話をしていて
なにか話したいことが
ありそうだなあと感じたもんで

もしよければとお声がけして
食事をしながら話を聞きました。

お聞きした話の中で
一番まずいなと思ったのが

「忙しいけど儲かっていません。」

でした。。。

守秘義務があるので詳しく書けませんが

Iさんがお勤めの会社
2年前に経営者が変わりました。

いわゆる事業承継でして
私は先代からのご依頼でお仕事をしました。

ちなみに後継者は内部からの抜擢で
お人柄もよく、私とは真逆で(笑)
敵を作らないタイプのお方。

が、話を聞いたところでは
そのお人柄の良さが仇となっていた。

それは何か?
勘のいい方は前文で察しがついたかもですが

お仕事を受注する際に、相手からの
値下げ要求に安易に応じていること。

その際の相手の決まり文句が

「御社にしかお願いできない仕事なんです。」

「でも予算がこれだけしかないんです。」

の2つ。

なんで見たように語れるかというと
事業承継完了後もしばらくの間
先代のご意向で私がフォローしていたから。

で、事あるごとに
私から申し上げていたのが

「御社にしかお願いできないという
相手の言葉は、仕事の中身をメインで
言っているのではなく

御社なら値下げに応じてくれることを
メインで言っていると思いますよ」と。

人によっては「うるさい!」と
怒り出しそうな私の言葉にも
冷静に耳を傾けてくださいましたが

残念ながら、聞き入れては
頂けなかったようで、私の力不足ですわ。。。

こちらの会社
とある分野においては
他を寄せ付けない経験と実績があり
相手からそこを評価されているのは事実。

だからこそ
「御社にしかお願いできない仕事なんです。」
を額面通りに受け取るのでしょうが

問題はその後に続く言葉
「でも予算がこれだけしかないんです。」

私が思うには

「御社にしかお願いできない仕事なんです。」
の言葉で終わるのが本当の「お客様」。

その後に
「でも予算がこれだけしかないんです。」
と来るのは、本当のお客様とは呼べない。

紋切り型過ぎると
批判されるかもしれませんが
今のままではIさんの奮闘むなしく
某社の未来はないなと感じたもんですから

今日はこんなことを書いてみました。

Iさん
今回ばかりは頑張れとは言えない。
限界が来る前に見切りをおススメします。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB