北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

日本政策金融公庫が取り組みを開始した

「新型コロナ対策資本性劣後ローン」
(概要を紹介しているページは下記↓)
https://bit.ly/2HMEuP0

について、公庫の方からお話を
直接お聞きする機会がありました。

「資本性劣後ローン」って何よ?

という方に、ざっくり簡単に説明すると

普通、会社が銀行からお金を借りると
貸借対照表の負債の部に計上されますが

資本性劣後ローンという枠組みで
お金を借りると、名前のとおり「資本」
すなわち貸借対照表の表現でいえば
純資産の部とみなされる、というもの。

ようは借金ばかり膨らむと
オイオイ大丈夫かいな?てな感じで
会社の信用力が疑われるようになりますが

資本性劣後ローンであれば
借金とはみなしませんよ!という扱いなので
会社の信用力が保てるというわけです。

今回、紹介している
日本政策金融公庫の取り組みは
主に中小ベンチャー企業を
対象にしているもので

一般的な借り入れ以外
事実上、資金調達手段がなかった
中小ベンチャー企業には朗報です。

が、あくまで借金ですから
いつの間にか返済期限はきます。

今回ご紹介したローンの
返済期限は最長で20年後に一括返済。

まあ20年後の世の中や
自分の会社のことって
ぶっちゃけ誰もわかりませんよ。

が、中小ベンチャー企業にとって
金額にもよりますが
期日一括返済ってのは
一般的にはなかなか、つらいです。。。

ので、恩師である
立教大学の山口義行先生が提唱されている

「永久劣後ローン(下記参照)」
https://bit.ly/2JhSErT

について、公庫の方やファシリテーターに
意見を求めてみたんですが

そもそも永久劣後ローンの概念を
ご存じない方が多かった・・・

金融業界やベンチャー支援業界に
身を置く人なら私が言うまでもなく
知っているだろう!なんてのは

実に甘い目論見でござんした。。。

人間だれしも
自分が知っていることは
ほかの人も知っているだろう的な
錯覚におちいることがシバシバですが

まあ、現実はこんなもんです。

そう考えると
Webサイトの世界でよく使われる
CTA(Call To Action,コールトゥアクション)。

日本語でいうところの行動喚起ですが

実に奥ゆかしすぎて勿体ない
中小ベンチャー企業が多いですね。

お客様に知ってほしい!ことは
臆せず繰り返し発信し続けないと。

あらためて痛感でございました。

ので、最後に再び!

「永久劣後ローン(下記参照)」
https://bit.ly/2JhSErT

一人でも多くの方の
賛同の署名を上記より是非、お願いいたします!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB