北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

下記のブログをお読みくださった方から
https://bit.ly/34w0Ddc

某テレビドラマで、個人事業主から個人が
事業を引き継いだ時は
事業だけでなく借金も引き継いでいましたが。。。

個人同士だと
借金も引き継がなきゃいけないの?

という質問をいただきました。

(Kさん、いつも愛読感謝!)

今後は個人事業主の
M&Aが増えてくる可能性もあるので
私の意見を述べたいと思います。

まず、昨日のおさらいをすると
会社を買収した場合でも
その会社の借金は返さない限り、なくなりません。

ようは引き続き、契約に従って返済をしていくんですが

私が「引き継いじゃ駄目よ!」と言っているのは

前のオーナー社長が
借入先に対して行っている「個人保証(連帯保証)」です。

個人保証しちゃうと万が一
会社が上手くいかなかったときに、会社が背負っている借金を
個人保証した方が肩代わりすることになるのは

皆さん、ご存じだと思います。

なので昨日のブログの要旨を一言でいってしまえば
https://bit.ly/34w0Ddc

我が身を守るためにも会社と個人の財布は
キッチリと分けましょうね。ってこと。

前置きが長くなったので
冒頭の質問に私なりの答えを出すと

個人事業主から
事業を引き継ぐ方(買収する方)は

会社を設立して
そこで事業を引き継ぐのが一番かと。

読者の皆さんは
すでに察しがついていると思いますが
大きな理由の一つは
財布をきっちり分けやすいから。

法人と個人は
法律上、あくまで別人格ですしね。

他にもメリットはありますし。

でも、どうしても
会社を作るのは嫌だ!個人で引き継ぎたいんだ!

という方々は個別コンサルティングで
対応させていただきますので下記までお気軽にどうぞ(^^;)
https://bit.ly/3kG6ylL

そしてKさん、参考になれば幸いです。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB