北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

モーニングルーティーンである
メールやメッセンジャーのチェック。

夜中の2時過ぎに受信していた
とあるメッセージを見たものの
ちょいと考えて黙殺しました。

結論を先に書いちゃうと
送り主に
気づいてほしいなあ、と思ったので。

送り主は有望な若手経営者で
やる気もその気も充分にある。

送られてきたメッセージも
文書礼節としては満点です。

ゆえに、つまらんことで
人の信頼を失い躓いてほしくない。

結果、偶然にも会ったので
ビシッと言ってしまいましたが
本人は察し反省していたので良し(*^^*)

参考までに
内容を簡単に紹介すると
私が前もって予約していた
シェアオフィスの会議室を
譲っていただけませんかということ。

その詳細や背景も
丁寧に書かれていて理解はできる。

でも納得はできなかった

私が納得できなかった理由その1は

そのお客さんのアポ
内容や重要性から
ずいぶん前に決まってたでしょ?
その時になんで頼んでこなかったの?

忘れていただけかもしれないが
当日の、しかも夜中に頼むのはなしでしょ。

理由その2は

仮に譲った場合
私のお客様と私はどうなるの?

つまり、代替案の提示がなかった。

たとえば
近くの●●ホテルのラウンジを
こちらで予約しますので
いかがでしょうか?的な提案がなかった。

これを経験不足の若手だからでしょ?
で片付けてはモッタイナイ。

なぜなら誰しもが何気なく
やってしまいがちな2つのミスだから。

せっかくですから教訓として
活かしたいなと思います。

1つ目のミスを防ぐには
アポが決まった時点で譲ってよ!って
メッセージしちゃえば良かった。

そう。先送りするから忘れる。

そして2つ目のミス
こっちの方が示唆に富む。

商品やサービスの内容は
WEBやメールにしっかり書いてある。

読んで下さったお客様が
ほほう!なるほど!よし買おうと
思ったのに

「ご購入はコチラ!」ボタンも
申し込みリンクも、見当たらない。。。

そんな間抜けたミスは
絶対にしないぜ!ありえない!

本当に大丈夫ですか?

メールなら凡ミスで
抜け落ちることもあれば

WEBならシステムエラーだって
あるかもしれない。

そして申し込みページは
あるにはあるんだけど

書くことや選ぶことが多すぎて
めんどくさいなあ。やーめた!
って途中で離脱されちゃうとかね。

気づけば長くなったのでw
まとめにはいりますと

些末な事務こそ先送り厳禁。

そして他者へのオファーは
それを受け取った相手が
え?どうすりゃいいの?と
迷う要素を徹底的に排除すること。

この2つをぜひ
愚直に実践し続けてくださいね。Yさん(*^^*)

 

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB