北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

某上場企業さんと弊社グループの
業務提携に関する話を進めていますが

話が広がり資本提携を
おこなう可能性が出てきました。

ありがたく思う一方で
背中にピリリと緊張が走ります。

25年以上
プライベートエクイティ分野や
IPO(株式上場)、M&Aの仕事をしているので

出資をして頂くという重みは
十二分に理解しているつもりです。

この話の詳細は
相手方が公式発表するまでは
インサイダー情報になりますので、ここまで。

ご存じの方はここから先は
無視していただいて結構ですが(*^^*)

そもそも「資本提携」ってなによ?

M&Aとは違うわけ?どう違うの?

なんてご質問をちょいちょい
お受けしていますので
簡単にご説明させていただきますね。

資本提携とは、資本参加
つまりは株式を買うなどして
相手方の株主になったうえで
業務提携を行うといった意味です。

相手方の株式を持つことで
単なる業務提携よりも
強い関係を作ることが主な目的です。

資本参加がおこなわれるので
資本提携も広義のM&Aの1つであると
私は考えています。

なぜ資本提携も
広義のM&Aの1つだと考えるのか?

それは、たとえ1株だけの資本参加だとしても
株主には法律が担保している様々な権利があるから。

たとえば1株だけの株主でも
会社法という法律で

・会社組織に関する行為無効訴権

・新株発行差止請求権

・代表訴訟提起権

・取締役の違法行為差止請求権

といった権利が認められているんですよ。

これ、上場うんぬんは関係なし。

日本の法律に基づいて設立されている
株式会社のすべてに適用されますよ。

上記の4つの項目について
詳しくお知りになりたい方は
お知り合いの弁護士に質問するか

info@tetraforce.jp

までメールでご質問くださいね!

ってまた話が脱線するので(>_<)
そろそろまとめに入りますと

資本提携のご相談を受けると
皆さん、株価や金額の話についつい
心を奪われがちなんですが

割合、つまりは持ち株比率を
どれくらいにするのが互いにとって
ベターでありベストなのか?

ここを意外にもざっくりと
相手方の言うままに応じる会社が
少なからずあるんですよねえ。

持ち株割合が
3分の1未満だから大丈夫!みたいな。

この分野に詳しい方は
すでにお気づきだと思いますが
たとえばこの「3分の1」といった割合(持ち株比率)。

え?どんな意味があるのさ?

なんてお話を次回以降
幾度かに分けてお伝えしていきますね。

そして私が基本合意した割合は?
ま、これは公式発表後に(^.^)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn