北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

さてさて本日は(も)
M&Aで会社や事業を買いたいと
思われている皆さまの

一番の関心事であり、お悩みでもある

売り物(情報)を、どうやってゲットするのよ?

シリーズ?の第3回目でございます。

M&Aの専門業者に
「こういう会社や事業を買いたいので
案件情報があったら教えてください!」

と相談したのに、待てど暮らせど便りなし。。。

(↓なぜか?は昨日のブログを見てね↓)
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/09/28/

きのう予告した通り

M&Aで買いたい方が
業者に情報提供を依頼したのに

いわばM&Aの専門業者が既読スルー
すなわち、放置してしまうのか?

見抜く方法(目安)をお教えしますね。

はい!それはズバリ

M&Aで会社や事業を買うために皆さんが

いくらで買いたいと思っているのか?

あるいは、いくらまでなら出せるのか?

という予算の額で、わかっちゃいます。

どういうことかというと
M&Aの業界ではそれをお手伝いする
専門会社などなどは大抵

M&Aが成立したときに
成功報酬をくださいね!って契約を
M&Aの買い手や売り手と結びます。

細かい話は割愛しますが
成功報酬の相場は
会社や事業の売買価格の5%程度です。

Red five percent off. Discount 5%. 3D illustration.

1億円で会社や事業を買ったとしたら
1億円×5%=500万円が業者が受け取る成功報酬。

500万円もすんのかよ!高いなあ・・・
と思われるかもしれませんが

昨日のブログに書いた内容を
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/09/28/
お読みくださった方は察しがつくかも。

大手M&A専業会社のアドバイザーは
1人で年間6,000万円の売り上げをあげないと
いけないとしたら

上記のお仕事であれば年間で
500万円×12件=6,000万円
やらないといけないことになる。

つまり1か月に1件
成立させないといけないわけで
これはまず、無理ですね。。。

案件を見つけて、交渉して
調査してなどなどを考えると
(詳細は別の機会にでも)

私の過去の経験で申し上げれば
突貫工事で頑張っても

最初の出会いからゴール(契約)まで
最短でも2カ月程度の時間は必要です。。。

仮に2カ月に1件、年間で6件の
M&Aのお手伝いが出来たとして

大手さんであれば
くどいようですが1人あたり
6,000万円は売り上げないと
ペイしませんから

1件当たりの売り上げ(成功報酬)は
最低1,000万円はいだたかないと
割に合いませんよとなりますね。

となると、売買価格は
1,000万円÷5%=2億円となります。

つまり、会社や事業を
2億円以上で買います!買えます!

という方(会社)以外は
大手のM&A専門業者さんに
案件をくれ!情報をくれ!

と頼んでも
放置プレイされる可能性が
極めて高いですよ($・・)/~~~

ということが
お分かりいただけたのではないかなと思います。

こんな話をしちゃうと
なんだよ!やっぱり中小零細企業は
M&Aなんて縁遠い話じゃねえのか?

と思われるでしょうね。。。

私がM&Aを手掛け始めた
2008年頃でしたら
まごう事なき業界の常識でしたが

ちゃっかり宣伝させてもらうと(^^;)
私たちはその当時から
小規模なお客様のお仕事

売買価格の事例でいえば
1,500万円前後のお仕事も
喜んでさせていただいております(^.^)

ので、お気軽に
info@tetraforce.jp

までご連絡をいただければ幸いです。

そして今は小規模なM&Aに
チャレンジできる環境がありますので
そちらは別な機会にご案内しますね(*^^*)

ネバーギブアップ!&レッツトライ!で
共に頑張って参りましょう!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn