北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

昨日のブログで
M&Aで会社や事業を買いたいと
思われている皆さまのお悩みである

売り物(情報)を、どうやってゲットするのよ?

待てど暮らせど
なかなかニーズに合う情報が
得られないんだよねえ。。。

で、どうしましょ?
について書きましたが
(↓昨日のブログは下記からどうぞ↓)
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/09/27/

今日はM&Aの専門業者に相談しても
売り物情報が得られない
もう一つの大きな理由

「M&Aの専門業者としては割に合わないから放置プレイ」

つまり、そもそも
ご依頼に対してアクションを起こさないのはなぜか?

について書きたいと思います。

さきほど「割に合わない」と書きましたが

ようは買い手さんから
ご依頼を受けた内容が「もうからない」と判断したから

「動かない」わけなんですよ。

M&Aの専門業者も千差万別ですが
みずからが株式上場している
大規模なM&A専業会社さんの
平均年収を皆さん、ご存じですか?

各社の平均年収は
会社四季報という辞書みたいな本で
(いまはネットでも見ることができますが)
開示されていますが

ここではエン・ジャパンが
調査開示しているデータをご紹介します。

M&Aアドバイザーの平均年収は
全上場企業平均でNo.1の、なんと2,994万円(驚!)

ちなみに離職率は僅か1.5%。

いやホントすごい!俺も転職しようかな(爆)。

ま、冗談はさておき、ここまでで勘の鋭い方は
だいたい察しがついたんじゃないかしら(^^;)

大手のM&A専業会社さんは
社員1人当たり実に年間で
3,000万円を超えるコストがかかっている。

だって給料以外に
社会保険やら通勤手当やらもあるし。

そしてさらに会社として
利益をあげなきゃならんのだから
少なく見積もっても

アドバイザー1人あたり
年間で6,000万円は売り上げを
あげなきゃならんとなるわけですよ。

よいとか悪いとかは別にして
これがシビアな現実でございます。。。

で、昨日予告させていただいた

自分が依頼した内容が
放置されているのか?いないのか?
を判断するための目星はどうなのよ?

スミマセン(>_<)

今日ご説明した前提なくしては
説明が片手落ちになっちゃいますので
今日はここまでとさせていただきますね。

明日こそは
見抜き方をきっちりと
お伝えさせていただきますので
お楽しみにお待ちくださいませ(^^;)

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn