北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

きょうは昨日のブログ(下記)で触れた
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/09/08/
「資本コスト」の続編です。

昨日のおさらいをさくっとすると

資本コストは大きく2つに分かれます。

1つは他人資本(負債)にかかわる
資本コストで具体的に言えば
借金の金利が資本コストです。

もう1つは
自己資本(純資産)にかかわる
資本コストで具体的に言えば
株主への配当金が資本コストです。

で、借金の金利は支払い義務があり
もし、踏み倒したら
差し押さえをくらっちゃいますよね。

が、配当金は支払い義務はない。

でも株主(投資家)は
1円でも多くの配当金を受け取りたいと
「期待」しています。常に。

加えて自分が買った値段よりも
1円でも値段(株価)が高くなってほしいと
「期待」しています。常に。

ではその株主(投資家)の「期待」する
配当金の金額や株価の値上がりとは
いったい、どれほどのものなんでしょうかね?

私が思う答えは「無限大∞」

それが株主(投資家)の本音。

そりゃ皆(プロになればなるほど)
目安は持ってますよ。

この配当利回りなら納得だ!

とか

株価が●倍になれば御の字だ!

とかね。

でもね皆さん
自分がこれくらい貰えれば御の字だ!

って思っていたよりも

多く配当金がもらえた!

思っていた以上に株価が上がった!

ことで「話が違う」って
怒り出す人、いますかねえ。

むしろ内心でガッツポーズ!みたいな(^^;)

話を戻すと(汗)
自己資本にかかわる資本コスト(費用)。

株式を発行して調達する
お金にかかわる費用ってのは

言われて久しい低金利な
銀行からの借り入れとは
実は比べ物にならない位に「高い」ということ。

だって株主(投資家)が期待する利回りは
「無限大で高ければ高いほどいい」のですから。

今回のコロナ禍で
取りあえず借りられるだけ
目いっぱい借りておけ!

なんて風潮が蔓延して
事実、相当なマネーが
貸し付けという形で供給されています。

でも借り入れは
約束に従って返せば終わり。
(返すアテがあればですが・・・)

が、株式による調達は
以前もお知らせした通り
返せば終わり。てなわけにはいきません。

なので必要資金を調達するときは
負債(借り入れ)と純資産(増資)
の適正なバランスを見極めることが超重要

そのための「資本政策」立案を
あらためてお勧めする次第です。

ご相談は下記メールまでお気軽に(*^^*)
info@tetraforce.jp

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせ経費◯◯%新削減法』をプレゼントします。
下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn