北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

九州沖縄地方を中心に
最大級の警戒が呼びかけられた台風10号。

お世話になっている方々や
お友だちには今のところ被害はなく
安堵いたしましたが

被害に遭われた方々も
少なからずいらっしゃいます。

改めてお見舞いを申し上げます。

そして今回
お友だちやお知り合いの
SNSでの投稿を見たり
個別に状況をお聞きして思ったことは

皆さんが
出来うる限りの備えをされたことが
被害に遭うことを回避
あるいは被害を最小限にした要因ではないかと。

気象の専門家の見解では
当初の予想よりも勢力が
弱かったということも言われており
それが要因であることも間違いないでしょう。

こういう情報を
見知ってしまうと人間ついつい
「なーんだ」って思っちゃいますし

今朝がたのニュースでも
運休が続く交通機関の
影響を受けているお客さんが

「なんで動かないの?」

「もう動かしてもいいんじゃない?」

的な答えをされてました。

ま、気持ちはわからないでもないですが。

この「なーんだ」とか
「もういいんじゃない」って反応を

お客さんからされることが
怖いですよね。特に経営者は。

店を開けるのが遅れて
お客さんが離れたらどうしよう?

もしかしたら閉めずに
開けておいた方が
売上を失わずに済んだのでは?

などなど。

でもね今回の台風でいえば
勢力が予想よりも弱くて良かったってのは
あくまで結果論であり
自分や自社ではコントロールできない他力本願

まわりの「なーんだ」や
「もういいんじゃない」につい
心が揺れ動くことは誰しも(私も)ありますが

自力があってこその他力ですから。

今は亡き危機管理のプロ
佐々淳行氏の金言

「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」

経営者は頭の片隅に
忘れずにおいておきたいですね。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントで
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせ経費◯◯%新削減法』をプレゼントします。
下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn