北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

友だち登録はこちらからどうぞ→https://lin.ee/43srh04Q0

クライアント先の幹部であるアメリカ人のAさん。

 

日本の大学で学ばれて日本企業での実務経験も15年。

 

日本語もメチャお上手で
株主総会に関する書類や有価証券報告書など

日本人ですら読みたがらない?
小難しい書類も難なく読みこなします。

 

そして会うたびに沢山の質問などをしてくれます(嬉!)

そんなAさんの口癖は「あなたはどうですか?」です。

今回Aさんと話をしたなかで一番もり上がったのが
時節柄と仕事がらもあって株主総会の話題。

 

日本の法律ではオンラインのみでの
株主総会の開催を認めていません。

 

Aさんはそれを理解したうえで私に

「あなたはこのままでいいと思いますか?」

「今を変えるためにどんな行動をしていますか?」

とグイグイ来るわけです(笑)。

 

ま、私の回答と意見は別な機会にでも(*^_^*)

 

でも変なプレッシャーとかはない。

 

なぜなら「対等」な「対話」だからです。

私にとってAさんはクライアント先の幹部で大切なお客さま。

 

だけど彼は「カネを払ってるのはウチ」だからな。

みたいな態度は一切取らない。

 

Aさんの元々のお人柄にくわえ
こちらのクライアントさんは社風がもともとそうなんです。

 

全てのステークホルダーは
対等であるという対応が徹底されている。

だからなんでしょうね。

 

優秀で魅力ある人財が集まってくるし
今回のような環境激変のさなかこそ
周囲がこぞって協力し助けてくれる。

そして結果として会社は守られてゆく。

株主総会って日本では
株主をうやうやしくお迎えして
お土産をもたせたりみたいな風潮がありますが

本来の株主総会とは
株主が経営者の声を聞き、意見を伝える「対話」の場です。

会話も良いけど「対話」を欠かさずにですね。

 

Aさん&皆さん。いつもありがとう!

友だち追加