北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

新たにご縁をいただいたKさん。

 

人生の大先輩で、いわゆるシニア世代の方。

 

某全国組織の専務まで務められ
実績も人脈も申し分ないうえに
とっても謙虚で話していて気持ちの良い方(^^;)

私が今年いちばん怒った?どこかのシニアとは大違い。

比べることすら失礼ですが。
(↓ちなみに、その時の気持ちを書いたブログは下記です↓)
https://hokkaidopvgs.jp/date/2020/02/19/

 

ま。そんな話はさておき(汗)ビジネスミーティングを終えて
皆さんと歓談のヒトトキ。へえーと思うコトが。

シニアの方々は「安否確認」という
キーワードがあまりお好きじゃないそうです。

 

離れて暮らす高齢の親御さんが心配で
ポットなどの家電製品を動作したら
お知らせしますみたいなサービスが
あるじゃないですか。見守りサービス的な。

 

見守る側、心配する側には「おー!」ってささるんですが

見守られる側、心配される側は
「なんだか監視されてるみたいで嫌」な感じらしい。

 

お客さまの声に耳を傾けよ!

ならぬ、シニアのことはシニアに聞け。かな。

 

なんてことを思うとともに
おんなじ商品やサービスであっても
相手によって言葉遣いを丁寧に変えないと

かえって逆効果になっちゃうこともあるなと。

 

Kさんのお言葉をお借りすると
シニア向けの商品やサービスは
シニアの方がイメージしやすい利用シーンを

お伝えするのがいいですよと。

 

なるほど納得!とともに
よくよく考えればこれはシニアに限らず
どの層のお客さまに対しても効果的なこと。

お客さまが利用する姿を常に念頭において

お客さまにそれが伝わるように
お互いに日々、表現力を研鑽いたしましょう。