北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

昨日は実に14年ぶりに不動産的な仕事をしてまいりました。

とは言っても私は宅建の免許を持ってる訳でもなく
不動産の売買や仲介はできませんし

皆さんが一般的に不動産と聞いて
イメージする家やマンションやビルなどに
関してはズブの素人です。

 

そんな私が不動産に関して
一つだけお役に立てることがありまして

なにかと言いますと「駐車場」に関すること。

実はサラリーマン生活の最後が駐車場運営会社の役員でした。

 

私の役割は株式上場準備の責任者
ようは管理部門の責任者だったんですが

株式上場準備をする過程で

投資家や証券会社、証券取引所などに

会社のことを詳細に至るまで説明しなければならない立場。

 

なので「門前の小僧習わぬ経を読む」で

14年経った今でも忘れないんです。駐車場のことを(笑)。

 

具体的に言うと今回のようにお知り合いや
お客さんから所有されている不動産が
駐車場として運営して成立するかどうか査定できたりします。

守秘義務その他で詳しく書けませんが
一つだけ概念的なことをお知らせすると

駐車場にふさわしい不動産は
家やマンション、ビルなどに適した
不動産とは逆の価値観だったりします。

 

別な言い方をすると、こんな陽当たりの悪い土地に
家やマンションは建てられないよ。

 

が、駐車場にとっては「宝の山」だったりすることがある。

 

でね、思うんですが、これって不動産や駐車場に限らずに
ほかの業種業態にもあるんじゃないかと。

 

一方から見れば「無価値」なものが

別な切り口から見れば「宝の山」になる。

高級フルーツ店から見れば
「こりゃ売れないよ」って傷ものメロンが

お菓子屋さんや
ソフトクリーム屋さんから見たら
「いやあ最高の原材料」みたいな感じかしら。

 

経営者の皆さんは日々すでにお考えになり
実践されていると思いますが

自分の属する業界や業種を、ひとくくりで捉えるだけでなく

細かくこまかく「細分化」して
切り口をかえて見つめてみてはいかがでしょうか?

隠されていた「宝の山」を掘り当てるかもですよ(*^_^*)