北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

公私ともにお世話になっている
Uさんのお誕生日に便乗して
超ひさびさに札幌の夜を楽しみました(^^;)

 

Uさんに連れられて、はじめて訪れた「ラキテーヌ」。

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1063115/

カヌレというフランスの菓子をつまみに

ワインを飲むという初めての体験でした。

 

もともとスイーツはほとんど食べない私(笑)。

 

最初に聞いたときは「え?甘いもん食べながら酒飲むの?」

んー。みたいな(爆)。

 

でも試してみたら意外にイケた(笑)。
これがホントの食わず嫌い(爆)。

 

てな私の感想文はここまでにして(汗)

 

こちらのオーナーさんは来日5年目のフランス人。

メッチャ日本語がお上手で英語もOKなトリリンガル(凄!)

 

昨年お店をオープンされクチコミで評判を呼び
売上も順調に推移していた矢先に今回のコロナ騒ぎが直撃。。。

 

当然ここ数か月まともに営業できず
大変なご苦労をされていますが愚痴も恨み言の一つも言わず

明るく真摯にふるまわれている姿に感銘をうけました。

自粛要請も寸分たがわず徹頭徹尾、順守されていました。

口にされることはありませんでしたが
恐らくご自分が外国人であるがゆえに
我々日本人以上に神経を使っている。

 

そして日本人以上に難解であろう各種の支援手続きへの対応も
文句ひとつ言わずに謙虚に専門家の教えを請うておられた。

 

そしてスタンスはあくまで自主独立的で自己責任が先にある。

未知に対して果敢にチャレンジし
かつ自主独立と自己責任を貫き
郷に入りては郷に従えの謙虚さを併せ持っている。

 

昨年まで一緒に仕事をしていた
Eさんに通ずるものがあると
懐かしいフランスの心友を思い出しました。

 

飲食業に限らず今もコロナの影響を受け続けているはも多い。

 

先行きが不透明で心が折れ、やさぐれることもあると思います。

 

でも、そもそもの前提で私たち日本人以上に
ハンデがある人たちが前向きに頑張っておられます。

お互いに自主独立と自己責任を今一度思い出して

愚痴を吹き飛ばして明るく真摯に立ち向かってまいりましょう!