北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

株式上場準備の、こんな舞台裏。

2020.06.11 (木)

 

 

IPO(株式上場)の経験者が集い自分たちの経験や学びを

IPOを目指している経営者や担当者の方々にフィードバックする

カンファレンスにZOOMで参加しました。

 

独立後はコンサルタントとしてIPOのお仕事をしておりますが

私自身がCFO(最高財務責任者)として

IPOを目指す企業で働いていたのはもう14年前。

 

守秘義務で参加企業の名前を明かすことはできませんが

業種や業態、経営者の年齢層などはすっかり様変わりです。

 

これからも変遷していくだろうなと
ちょいと感慨に浸りつつもああ、これは変わらないんだなあ。

なんてことを見つけて嬉しくなりましたね。

 

それは「主幹事証券会社を選ぶ決め手」でした。

経験者の皆さんが異口同音に仰ったのが

「担当者の資質と人柄」「担当者が信頼できるか否か

でした。まったくもって同感です。

 

IPO(株式上場)を目指す会社は
かならず「主幹事証券会社」を選ばないといけません。

 

株式上場を目指すうえでの必須条件の1つです。

 

上場準備企業と主幹事証券会社は
数年にわたって二人三脚で膨大な上場準備作業を行います。

 

ときに対立や意見の相違もあれば
主幹事証券の指導に泣きそうになったり(笑)。

 

苦しく厳しい業務の連続ですが
達成できた時は言葉にできない高揚感と達成感。

そして主幹事証券の担当者は「戦友」となる(^^;)

 

私も過去2社CFOとして株式上場を実現いたしましたが
当時の担当者の方とは仕事を離れても縁が続いています。

 

だいぶ要約していますが人間ドラマの最たるもの。

株式上場準備にはこんな舞台裏があります。

 

IPOを目指す経営者の世代・価値観・業種業態などは
目まぐるしく変遷していて

四半世紀にわたりこの世界にたずさわっていても
必死になって勉強しないと取り残されます(汗)。

 

それでも一番大事なパートナー選びは
決して変わることがない人間本位の世界です。

 

今回はIPO(株式上場)の世界の
ごくごく一端の事例をお届けしましたが

皆さんそれぞれのご商売も顧客ニーズや市場動向など
あげればきりがない変遷があるとおもいます。

 

が昔も今も変わらず

お客さんが「選ぶ」

お客さんに「選ばれる」

人間本位な決め手が必ずどこかにある筈。

そんなことを時には振り返って見つめ直したいですね。

 

日々是勉強。精進いたします。