北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

 

 

 

2か月連続でZOOM開催となった
毎月恒例のスモールサンゼミ。

皆さんとリアルに会えない寂しさや
ススキノでの呑み会がないのが残念ですが(;_:)暫しの辛抱です。

 

 

本来の目的である学びにはZOOMでなんら支障はないし
機会ロスするよりは、はるかにマシです。

 

 

今回の講師は
株式会社あしたのチーム社長の高橋恭介さん。

 

小泉孝太郎さんを起用してCMしているので
皆さんもテレビなどで見たことがあるかも。

 

 

話しの内容を全部書けませんが
聞いていて爽快な気持ちになりましたねえ。

いちばん心に響いた言葉を紹介します。

「機会平等・結果不平等が本当の平等。」

激しく同意。

若かりし頃。
サラリーマン時代にメチャ感じてました。

「平等という名の不平等」を。

だから辞めて独立したんですけどね(笑)。

 

 

極端なたとえですが

1日8時間労働で
Aさんは8つの成果物をこしらえた。

 

 

いっぽうBさんは
1日8時間労働で4つの成果物をこしらえた。

 

 

生産性が高いのも
評価されるべきなのもAさんなのは
自明の理なんですが

時給や日給という制度である限り
AさんもBさんも、貰える報酬は一緒です。

 

 

完全成果主義や業務委託なら
話しは別ですけど
社員やパートといった雇用形態では
AさんもBさんも1日あたりの報酬はおんなじ。

 

 

俺がAさんの立場なら即辞めです(爆)。

 

本来ならやる気も能力もあり
生産性の高い人に残ってもらうのが
絶対にいいに決まってますし

少数精鋭でいくべき中小企業こそが
そうあるべきなんですが
実はそうなってないことが多い。

 

 

何故ならば時間や年功という
単位やくくりでやったほうが楽だから。

 

 

ようは考えなくて済むし
それを家族経営という言葉で誤魔化している。

 

 

耳痛いですが正鵠を得ていると思います。

私は人事労務の制度設計に関するプロではないので
ご相談いただいた場合は今回ご紹介した会社をはじめ
その道のプロを斡旋するだけですが

なぜかトラブルシューティングには駆り出されます(笑)。

 

 

前段でご紹介したような本来ならAさんの半分しか
報酬を貰うべきではないBさんとの交渉の立会とかに(爆)。

 

 

このBさんのようなてあいは
たいがい権利を振りかざしてわめきます。

 

 

義務を果たさないものこそが
権利を振りかざすのが世の常だよと
尊敬する先輩からの示唆を思い出します。

 

 

でもね経営者の皆さん
あつれきや面倒を恐れ、ためらっちゃ駄目ですよ。

 

 

マイナス査定は違法でもないし
最低賃金を厳守すれば給与決定は自由。

 

 

今回のコロナ騒動で考えた方も多いのでは。

 

あつれきを恐れずに「ペイフォーパフォーマンス」を。

 

危機にも強く平時や好況時はもっと強くなれます。